今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

ミャンマー

 お弁当を作って、ほっとひと息。朝ご飯を食べる娘たちと一緒にテレビを見ていたら、テレビからミャンマーで日本人ジャーナリストが撃たれた映像が流れました。至近距離から銃で撃たれ、倒れる姿が映っていました。
 人が亡くなる姿を私たちは見たのです。それは、「9・11」テロで飛行機がビルに突っ込むのを見た時と同じくらいの衝撃でした。

 新聞によると、「誰かが情報を日本人に伝えないといけないから…」と言って現地に行かれたそうです。長井健司さん。この名前をイラクで戦争が始まった頃にも聞いた、と思い出しました。
 自ら戦場に赴き、命を賭けて真実を伝えようするのは、決まってフリーのジャーナリストです。そのことは、「テレビニュースは終わらない」(金平茂紀著 集英社新書)にも書かれていました。

 現地では、流れ弾にあたった、と報道されたようですが、歴然とした映像が残っています。ネットを通じてこの映像は世界中に流れたそうです。
 ミャンマーの政情が、今後変わっていきそうです。

 末尾ながら、長井健司さんのご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-09-28 23:59 | 社会科 | Comments(0)