たこ焼き奉行

 たこ焼きのことを書いていて思い出しました。

 夫の友人一家とは家族ぐるみのお付き合いをしています。一緒に旅行もしました。
 今、都内にお住まいの大阪生まれ・大阪育ちの彼が帰省された時に、家族で我が家に寄って下さいました。
 お昼ご飯を何にしようかなと迷った末に、子供が主役になれるようにたこ焼きパーティーをしました。子供たちも一緒に作ってお腹いっぱいになって大層喜んでいただきました。

 休みが終わって帰京される時には、荷物の中にたこ焼き器が入っていたといいます。
 夫からは、東京でも家族でたこ焼きを楽しんでいる、とその後の様子を聞いていました。

 しばらくして奥様と話をする機会がありました。
 たこ焼き器が活躍しているそうね、と言うと、
「それがねえ、お父さんと一緒だと子供たちがねえ…」
 お父さんが夢中でたこ焼きを焼くものだから、子供たちの出番がなくてつまらないのだそうです。

 頭脳明晰、現役バリバリ第一線でご活躍のあの方が、家に帰ると子供たちに手出しをさせず、たこ焼きをくるくると回しているのか、と想像すると知らずに笑ってしまいました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-11-14 23:59 | 思い出話 | Comments(2)
Commented by MAIRKO at 2007-11-17 22:15 x
笑いました!
食卓の風景が見えますよね。
うちはMRが東京出身なので私がお好み焼きや焼きそばを晩ご飯としてホットプレートで焼くのを理解させるのに時間がかかりました。
今ではひとりの時に焼きそば焼いて夕飯にしたって嬉しそうに電話してきます。
調教成功?
Commented by h_with_the_wind at 2007-11-18 23:18
☆MARIKOさん
私も話を聞いた時、想像して笑っちゃいました。以来、お父さんが出張の時にたこ焼きをするそうですよ。

晩ご飯にお好み焼きというのは、他所の地方の人には違和感があるそうですね。実家でも母が福岡出身なので、あり得なかったです。MRは、焼きそばから始めて…調教?成功ですね。