誕生日

 その冬の日、私はひとり暮らしの部屋で寝ていました。数日前からひいていた風邪が悪化して前日から熱を出していました。大学の授業を休んで一日中、眠ったり目覚めたりベッドの中で過ごしていました。

 北国の冬の日は短く、3時を過ぎるともう暗くなってしまいます。
 1日が過ぎてゆくのだな、とぼんやりしていると、電話が鳴りました。重い身体を起こして受話器を取り上げると、聞き慣れた親友の声がしました。
 「今から行くから…」
 有無を言わさず切れた電話の受話器を手に呆然としましたが、次第に怒りさえ込み上げてきました。病気で寝ているというのに、押し掛けてくるというのです。部屋をざっと片付けたところで、チャイムが鳴りました。

 ドアを開けると親友の笑顔がありました。
 いつの間に降り出したのか、親友の帽子にも肩にも雪が積もっていました。
「これ…」
 親友は、私に紙袋を押し付けるようにして手渡すと部屋にも上がらず、帰っていきました。

 紙袋の中には、まだ暖かいご飯と手作りハンバーグのお弁当が入っていました。あまり食欲がなくて、晩ご飯はいらないかな、と思っていたのに、お弁当を前にすると猛烈に食欲がわいてきました。自分の短慮を詫びつつ美味しくお弁当をいただきました。

 今日は、その親友の誕生日です。
 Happy Birthday!!
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-11-23 23:59 | 季節の中で | Comments(8)
Commented by non non mama at 2007-11-27 10:55 x
友達 親友ってありがたいですよね。
お互いに、生活環境が変わっても長~~~いお付き合い。
言葉のない気持ち・・・有り難いですね。
Commented by 風屋 at 2007-11-27 16:43 x
北国で大学生活を送られた由。
こちらの近くでしょうか?
私が大学時代一人暮らしをしたのは東京だったのでわかりませんが、
当地のような北国での冬の一人暮らしは寂しさが更に増しそうです。
まして熱を出して心細い時。
そんな時のご友人の優しさはたぶんストーブより暖かかったでしょう。
残念ながら私にはさんな優しい友人はいませんでしたので(^^;
(バカやる時にいつも一緒のヤツらはいましたが 笑)
超短編小説のようなお話をうらやましく思いました。
私からもHappy Birthday。
Commented at 2007-11-27 21:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by h_with_the_wind at 2007-11-27 23:19
☆non non mamaさん
>友達 親友ってありがたいですよね。
本当にそう思います。時間や空間を越えて昨日の続きのように話ができるのは嬉しいことです。
Commented by h_with_the_wind at 2007-11-27 23:34
☆風屋さん
親友に風屋さんからの「おめでとう」を伝えておきますね(笑)。

私は、学生時代を北海道で過ごしました。
1年目の初雪の日、傘をさして登校しようとしたら、友達に爆笑されました。雪道の歩き方も知らないのですから、放っておけなかったのでしょう。いろいろ教えてもらいました。
お陰で北国の人は、優しく親切だと信じています。
もちろん、一緒にバカなこともしましたよ。
Commented by h_with_the_wind at 2007-11-27 23:37
☆鍵コメさん
こちらこそ、よろしくお願いましす。
Commented at 2007-11-28 00:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by h_with_the_wind at 2007-11-28 07:12
☆鍵コメさん
ありがとうございます。