満員電車にて…

 ホームに入ってきた電車は、その先の大学に通う学生で満員状態でした。
 駅の同じドアの前で電車が入ってくるのを待っていたのは、私のほかに留学生2人組とおばちゃんのふたり連れです。

 ここで降りる人は誰もいません。ふっと、乗れるかな、と思いました。
 先に留学生たちが乗り込みました。待っていた順番通り、私、おばちゃんたちと続きます。ドア付近に5人分のスペースができて全員乗り込むことができました。まだ少し隙間があるけれど、ドアが閉まると、自然と均一に空間が埋まっていきました。車内は静寂のうちに淡々とこれらのことが進みました。

 「な、詰めたら乗れるやろ」最後に乗ったおばちゃんのひとりが、お連さんに向かって話しています。以下、電車の中心部はすいているのだから…と、講釈が続きます。次いで、バッグの中をごそごそしたかと思うと
 「飴ちゃん、食べる?」
 おばちゃんはやっぱり面白い。

 留学生は中国人とフランス人の男子学生です。共通言語は英語です。先ほどの会話からすると、中国人留学生が来日したばかりのフランス人に日本で生活できるよう世話しているようです。
 「あと2駅で皆、降りるから座れる」と、フランス人に説明しています。
 後は、中国人がフランスのテレビについて質問していました。フランス人は、英語がわかっても話したがらない、と聞いていましたが、必要であれば使うのですね。

 中国人留学生の言葉通り、乗った駅から2つ目の駅でごっそりと乗客が降りました。一緒に乗車した私たち5人は、一旦ホームに降りて、学生たちをやり過ごしました。再度乗車した時には、乗客も数えるほどになっていました。彼らとはバラバラに座ったので、もうその会話を知ることはできません。
 少し、面白い朝でした。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-12-06 23:59 | 課外活動 | Comments(2)
Commented by wochacha at 2007-12-08 20:46
人間ウォッチングですね^v^
面白い朝でしたね♪
・・・・英語のヒヤリングが出来るんですね!
すごいわっっ!!!
Commented by h_with_the_wind at 2007-12-08 22:07
☆wochachaさん
ええ、面白い1日の始まりでした。
いえいえ、たまたま私にわかる程度の英語でしたから…(汗)。どちらの方も母国語ではないこととゆっくりした会話だったからでしょう。