元旦

あけましておめでとうございます。

 今年、抱負を語れるほどのものはありません。
 大学生の母になれるのか、それとも再び受験生の母として過ごすのでしょうか。両親の体調も気がかりのひとつです。
 今年も「遊軍」として家族の周りをくるくると過ごすことでしょう。

 直近の楽しみは、大河ドラマが始まるまでに宮尾富美子さんの「天樟蔭篤姫」を読むことです。このところ本を読む時間を捻出するのが難しいので、放送前に読了できるか自信はありませんが。

 また、亀山郁夫さんがドストエフスキーの「罪と罰」の新訳を出されると聞いています。江川卓さんの「謎解き『罪と罰』」でも解消されなかった私の長年のこだわりについて、どんな風に書かれているのか楽しみにしています。
 去年、某ブログを拝見していて、ドストエフスキーとは全く関係のない記事でしたが、ピンと来るものがありました。「罪と罰」を読みつつ解消できることを期待しています。

 2008年、大きな展開はなくても、楽しいことを見つけられること、美しいものと出会えることを期待しています。

  ※天蔭篤姫は天院篤姫の間違いでした。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-01-01 23:59 | 季節の中で | Comments(2)
Commented by さくら at 2008-01-08 04:18 x
風懐さん、明けましておめでとうございます!宮尾富美子さんの「天樟蔭篤姫」ですが、以前、読みましたよ。とっても面白いです。これを読もうと思ったきっかけですが、私も、大河ドラマが始まる・・・ということでした(笑)。篤姫を演じる宮崎あおいさんのファンなので!?もう読まれましたか?その次は、「和宮様御留」が読みたくなると思います。こちらもとても面白いのでお勧めです。では、今年もどうぞ宜しくお願いします。
Commented by h_with_the_wind at 2008-01-08 17:58
☆さくらさん
あけましておめでとうございます。
さくらさんは、もう「天璋院篤姫」を読まれたのですね。私は、ようやく上巻を読んだところで、ドラマの方が早く始まってしまいました(笑)。 ところで、アメリカでも大河ドラマはご覧になっているのかしら?
こちらこそ今年もよろしくお願いします。