広辞苑

 広辞苑第六版を手に入れました。
 結婚してすぐに買った第三版と新旧交代です。第三版は、長女の部屋に嫁入りが決まりました。
d0087062_19462477.jpg

 広辞苑を手にすると、それだけで賢くなったような錯覚に陥ります。
 今回は、「付録」と「広辞苑一日一語」の新書がついてきました。

 「風懐」を引いてみますと、
    ふう-かい ・クワイ『風懐』 心に考えていること。心の中。
とあります。少し嬉しい…。
 あっ、でも、ブログの名前を決める時に広辞苑のお世話になったのでした。当然ですね。

 予約限定の非売品「広辞苑一日一語」には、
私たちは日々「ことば」とともに生きています。毎日出会う数多くの「ことば」の中から、特にその日、その季節とのかかわりの深い「ことば」を『広辞苑』の中に探してみました。
日本語の豊かさと、辞書を読む楽しさを感じてくだされば幸いです。

とあります。
 今日、1月31日は、『大の月』が選ばれています。

 今、もし何もしなくてもいい立場であるならば、ひねもす広辞苑をめくって過ごすことでしょう。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-01-31 23:59 | わたし | Comments(2)
Commented by さくら at 2008-02-02 00:01 x
そういえば、最近は電子辞書やオンライン辞書に頼ってばかりで、ホンモノの辞書をめくる機会が減っていました。中学や高校の時は、夢中になって辞書をめくり、ボロボロにしてたのに、と。「広辞苑一日一語」素敵ですね♪ 今回の広辞苑は前回よりたしか1万語増えたのでしたよね。言葉は時代とともに変化していくので面白いです。そうそう、この前「言葉の変化と時代の変化はどちらが先に起こるのか?」が議論となりました!
Commented by h_with_the_wind at 2008-02-02 07:31
☆さくらさん
先日、スターバックスで英会話のレッスンをしている方がいましたが、やっぱり電子辞書でしたね。娘たちにもDSの辞書ソフトを与えたばかりです。
せっかく来日中ですもの夫君に広辞苑のお土産をおねだりしては?(笑)

言葉の変化と時代の変化…。どちらが先なんでしょう。
2/1「若者言葉」と題して私のブログで記事をUPしています。
アメリカにもOMG(Oh, My God!)という使用例があるそうですね。これなんて携帯電話が先という例でしょうか。面白そうな議論です。