おひなさま 3

 おひなさまを飾りました。
d0087062_22554798.jpg
 
 私は一緒に緋毛氈を敷いたくらいで、全てを長女に任せてみました。
 私の助手にするよりも、あれこれと口出しするよりも、「お願いね」と、一任した方が長女の性格には合っているように思ったからです。
 おひなさまを飾るのは初めての長女ですが、嬉々としてやり遂げてくれました。あれこれ人形に語りかけながら作業している姿は、幼い頃の人形遊びにも似ていました。

 小説・天璋院篤姫の中に
 「若御台さまのお雛さまは畳の上へじかにお置き遊ばしておいでになります。若御台さまにお位があるので、お雛さまを上から見おろすようにお飾りなさらねばいけませぬそうで」
 とのことで、
「雛段のないお雛さまは、お座敷に転がっているように見えます。おかしな飾りかたでございますね」
 と江戸方では感じているそうであった。(天璋院篤姫(下) 宮尾登美子著 講談社文庫より)。

 と、いう文章があります。若御台さまとは、天皇家から徳川家に降嫁した和宮のことです。

 おひなさまには京風・関東風とありますが、段飾りではなくお座敷に広げるという飾り方は、さぞかし華やかだったことだろうと想像できます。
 我が家では、これからおひなまつりまで和室は七段飾りのおひなさまに占領されます。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-02-16 23:59 | 季節の中で | Comments(2)
Commented by wochacha at 2008-02-18 21:59
↓下のお雛様も、可愛らしいね(#´v`#)
大きなお雛様は、娘さんが飾ってくれたのね~♪
キレイなお顔なさってるわ。

我が家も出しました・・・七段飾り。
占領されますね・・・・3月3日まで(汗;)
今度は片付けるのが、大変だわ(><)
Commented by h_with_the_wind at 2008-02-19 06:11
☆wochachaさん
>↓下のお雛様も、可愛らしいね(#´v`#)
ありがとうございます。

wochachaさんもお雛様を飾ったのね。
お疲れさまだけど、やっぱり華やかでいいものですね。