おひなさま 3

 おひなさまを飾りました。
d0087062_22554798.jpg
 
 私は一緒に緋毛氈を敷いたくらいで、全てを長女に任せてみました。
 私の助手にするよりも、あれこれと口出しするよりも、「お願いね」と、一任した方が長女の性格には合っているように思ったからです。
 おひなさまを飾るのは初めての長女ですが、嬉々としてやり遂げてくれました。あれこれ人形に語りかけながら作業している姿は、幼い頃の人形遊びにも似ていました。

 小説・天璋院篤姫の中に
 「若御台さまのお雛さまは畳の上へじかにお置き遊ばしておいでになります。若御台さまにお位があるので、お雛さまを上から見おろすようにお飾りなさらねばいけませぬそうで」
 とのことで、
「雛段のないお雛さまは、お座敷に転がっているように見えます。おかしな飾りかたでございますね」
 と江戸方では感じているそうであった。(天璋院篤姫(下) 宮尾登美子著 講談社文庫より)。

 と、いう文章があります。若御台さまとは、天皇家から徳川家に降嫁した和宮のことです。

 おひなさまには京風・関東風とありますが、段飾りではなくお座敷に広げるという飾り方は、さぞかし華やかだったことだろうと想像できます。
 我が家では、これからおひなまつりまで和室は七段飾りのおひなさまに占領されます。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-02-16 23:59 | 季節の中で


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧