ひばり

 昨日の雨がすっかりあがって、晴天に恵まれました。これからひと雨ごとに季節が変わっていくことでしょう。(秋は「深まる」といいますが、春は何というのでしょう)

 表を歩いていたら、空の高いところでひばりの声がしました。空いっぱいに自分の存在をアピールしているかのように高らかな、そう春の始まりを告げるファンファーレのようです。
 花の色彩だけでなく、鳥たちの声も春を教えてくれます。

 身辺雑事で慌ただしく息つく間もなくその日をこなしていますが、時には、青空に誘われるまま歩いてみるのもいいものです。
 少しだけ立ち止まっても構わないー春の息吹を感じる余裕を失ってしまったら、大切なことを見逃してしまいそうです。

 まだまだ桜の蕾は堅くて、それとはわからないほどだけど、確実に春が近づいています。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-03-15 23:59 | 季節の中で | Comments(6)
Commented at 2008-03-18 18:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by charet_grindel at 2008-03-18 20:23
蓼科高原もようやく雪が溶け春らしさが一段と進んでますが。
大切な事・・気づかないまま過ぎているようで
勿体ないような・・・・笑 そんな私です
Commented by 風屋 at 2008-03-18 22:09 x
ヒバリの声はまだですが、先日ウグイスの声を聞きました。
Commented by h_with_the_wind at 2008-03-18 22:39
☆鍵コメさん
了解しました。メール、しますね。
Commented by h_with_the_wind at 2008-03-18 22:43
☆charet_grindelさん
雪が溶けるのが、嬉しいような…少し寂しいような…。
とはいえ、春を見つけるのは楽しいですね。
子供が小さい頃、「春を探す散歩」に出掛けたものです。
いつも一番に「オオイヌノフグリ」を見つけるのは、次女でした。地面に一番近いから?
Commented by h_with_the_wind at 2008-03-18 22:45
☆風屋さん
おーー、ウグイスですか…。
久しく「生ウグイス」の声を聞いていません。
今年は、聞けるかしら?