今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

トンパ文字

 小学校時代、何が嫌って漢字の練習くらい嫌なものはありませんでした。
同じ字をノートに一行ずつ書いているうちに手は疲れるし汚れるし…。もちろん書いている文字は歪んでくるし…。「ハネ」「ハライ」「トメ」なんてわからなくなってしまったものです。

 アメリカで知り合った台湾人の友人は、5歳の息子に母国語を教えるためにカードを部屋の壁に貼付けていました。
 「鸚鵡」「麒麟」…。日本人で良かった…。

 国立民族学博物館で開催されている「深奥的中国 少数民族の暮らしと工芸」展で興味深い展示を見つけました。
 象形文字のトンパ文字です。ナシ族の文字で民族の宗教的職能者が記録のために使ってきたそうです。

d0087062_11291417.jpg

 見ているだけで楽しくなりました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-03-29 23:59 | 課外活動 | Comments(6)
Commented by kque-sera-sera at 2008-03-30 15:22
漢字の原型ですね。
想像力が豊かで、なんだか楽しそうな絵本のようです。
コレはどういう意味の文字なのかと考えだしたら止まらなくなりました

Commented by 風屋 at 2008-03-30 19:01 x
まいったな(^^; こういうのに弱いんですよ。
国立民族学博物館・・・万博記念公園のとこですよね?
地図でしか見たことはありませんが。
名前からしてそそられる博物館、行ってみてぇ〜!!
Commented by h_with_the_wind at 2008-03-31 06:51
☆kque-sera-seraさん
ホント、絵本を見ているようです。
ひとつひとつ丁寧に書かれているんですよね。
どんな風に発音するのだろう、と想像してしまいました。
Commented by h_with_the_wind at 2008-03-31 06:53
☆風屋さん
この博物館、飽きないです。
大阪に住んでいて良かったと思うことのひとつ、かな?
ただし歩き過ぎで疲れるけど…。
来阪の折りには、是非お立ち寄りください(笑)。
Commented by izumimirun at 2008-03-31 07:02
あっ、ホントだ楽しい^^。
教えていただいてありがとうございます!
Commented by h_with_the_wind at 2008-03-31 07:08
☆izumimirunさん
レシピは日本語でお願いしますね(笑)。
トンパ文字で書かれたら…。