授業料滞納

 読売新聞の調べによると、都道府県立高校の授業料滞納が合わせて過去5年間で5億9000万円になるそうです(YOMIURI ONLINE)。
 ニュースの本文では、滞納理由について「保護者の経済的な理由」を挙げた自治体が6割、「モラル低下」を挙げた自治体が4割で、滞納が急増した理由としてモラル低下を指摘する声も目立った、と続きます。
 一番滞納金額が多かったのは、大阪府の2億5177万円で、二位の北海道9515万円を大きく引き離しています。

 滞納の理由として挙げられる経済的な困窮ですが、授業料減免や奨学金の制度は利用されていないのでしようか。減免や奨学金を受けるための条件と保護者が感じている「困窮」の間に隔たりがあるからでしょうか。

 大阪府の橋下知事は、中学校の給食実施と公立高校の充実を掲げられています。どちらも実現するといいな、とは思います。
 ですが、現実に小学校の給食費未納や高校の授業料滞納の記事を読むと、理想ばかりを追ってもいられないと思いますが。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-04-30 23:59 | 社会科 | Comments(6)
Commented by 風屋 at 2008-05-05 23:13 x
先日、仕事で盛岡地裁に行った時、「本日の公判」一覧を見たら
自治体が原告、個人が被告で給食費支払い要求事件が2件。
授業料と同様、給食費も深刻な問題です。
「収入がない」とのことで免除を受けている親達が
子どもに留守番をさせてゲームセンターへ行く時代なのです。
それでも免除制度はまだきちんと機能していると思うのですが
最も問題なのは「ズボラな親」なのです。
「給食を食べさせてくれと頼んだ覚えはない」
「卒業する時にまとめて払えばいいんでしょ?」
おかげで真面目に払っている家の子は
払った分よりも少ない金額の給食を食べざるを得ません。
Commented by kazu at 2008-05-06 05:44 x
随分、前のことですが、新聞のチラシかメールボックスに入れられていたか覚えていないのですが、「実は、給食は、義務教育なので支払わなくてもいいのですよ。賛同の方は、こちらまでお電話を・・・」みたいな主旨のチラシが入っていたことがありました。
払わなきゃいけないものと思っている私にとっては、こんな考え方もあるんだとビックリしました。
本当にそう考えているのか、屁理屈なのか私にはわかりませんが、非常識な親もたくさん見てきましたので、なんか悲しくなりました。
税金で全てまかなわれるのなら、もっと消費税が上がるのを覚悟しないといけないのかもしれません。でも、税金の無駄遣いを嫌というほど見せられている国民は、税金で生活をもっとよくします、と言われても誰も信じないでしょうね。
Commented by 理想と現実 at 2008-05-06 06:08 x

今の大阪の状況では、無理だと思います。
モラルの低下。公立高校授業料廃止等、叫ぶ日教組関係。
しっかり手を打てない府、自冶体、学校にも責任有。
挙句は増税~~。手を打てない人がやればもっと酷い数字が
テレビで新聞で~大阪~~~!!と叫ばれ。
半分、情けなせ過ぎるでしょ””という他県の馬鹿にされた目を
受けて、支払う人、過去に頑張って払った人に、責任取りなさい。
ま~、取れないで増税~~て叫ぶんだろう。府にメール、faxを!!しましょう運動を起しましょう
今まだした事無いけど、結局間違った事を叫ぶ人だけが、文句いいに言ってた結果もあるのかと思い始めました。
普通は、それでもきっちり理論的に出来るはずと、思ってたけど
~大阪はとんでもなかった~
Commented by h_with_the_wind at 2008-05-06 22:17
☆風屋さん
裁判沙汰になる、ということは免除の対象外の個人を相手取った訴訟でしょうね。
子供の給食費を滞納することは、親権放棄つまり児童虐待に思えるのですが。
Commented by h_with_the_wind at 2008-05-06 22:36
☆kazuさん
kazuさんのところに入っていたチラシのお話にはびっくりしました。
給食費が集まらなくて苦労されている学校もあるそうですね。
Commented by h_with_the_wind at 2008-05-06 22:41
☆理想と現実さん
初めまして〜。
授業料滞納については、初めて知りました。もうびっくりしています。