桜前線は…

 最近の天気予報には、花粉情報、桜前線、洗濯指数…、季節に応じてたくさんの情報が付帯されるのでとても助かります。

 今年は、大阪よりも東京の桜の花が早く咲きました。
 テレビでは、異常気象と言われていましたが、私の住んでいる大阪では特に開花が早いとは感じていませんでした。
 それでも「地球温暖化」の情報が念頭にあったせいか、テレビで繰り返された「東京発」のニュースに引きずられたためか、何となく早いような気分になっていきました。

 本当に桜の開花が早いのか確かめたくて、3月の終わり頃から天気予報の桜開花情報を追っていました。結果、東京以北の開花は例年より早かったようです(途中から開花情報をチェックしていたので何のデータにもなりませんが…)。
 北海道の札幌や旭川では、今頃がお花見のシーズンだそうですが、ゴールデンウイークの前に満開の時を終えたようです。

 だけど…、私の見ていたインターネットの天気予報に付帯した開花予報は、5月に入って更新されなくなりました。道北地域は、どうなったのでしょう。開花情報は、ずっとつぼみのままです。まだ桜の時期ではないのか、5月に入ったからなのか…。
 稚内の情報を探してみました。この後、桜が散るまで見届けてみたいな、と思っていますが…。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-05-02 23:59 | 季節の中で | Comments(2)
Commented by wochacha at 2008-05-07 15:51
そうそう、青森も例年ならGWが見頃で、桜祭りにも観光客がど~んと押し寄せるんです。
でも今年は早かったから、GW前には葉桜になっちゃった・・。
温暖化を実感しますよね。
もっと地球を大事にしなきゃいけないと、すっごく思いますね。

開花予報、ちゃんと最北まで伝えてほしいですね!
Commented by h_with_the_wind at 2008-05-07 23:02
☆wochachaさん
お花見を計画している幹事さんにとって、GWに見頃かどうかは大問題ですよね。
桜の時期が短いとはいえ、GW前に葉桜になってしまったなんてずいぶん早かったんですね。