伝言ゲーム?

 DVDシルクロードの第4集「幻の黒水城(カラホト)」を見ました。
 日中共同取材班は、西夏王朝の遺跡カラホトへ入りました。砂漠の彼方に突如現れたカラホト遺跡の城内には、陶器のかけら、絹織物の断片、布製の靴が残されていました。風だけが通り過ぎていく砂漠の上に生活の断片をむき出しにしたまま幾百の春秋を越したことでしょう。

 ところで、ナレーションでカラホトの「カラ」はモンゴル語で黒く恐ろしい所を、「ホト」は城を意味すると言っていました。
 すぐに思い浮かんだのは、ドストエフスキーの小説「カラマーゾフの兄弟」です。カラマーゾフの「カラ」もまた黒を意味すると聞いたことがあります。

 厳密には諸説あるようですが、何人もの論者によってカラマーゾフの「カラ」は黒を意味するチュルク・タタール語からきたという説が指摘され主流になっているようです(謎とき『カラマーゾフの兄弟』江川卓著 新潮社より要約)。

 タタール(韃靼)はユーラシア大陸のモンゴル高原から東ヨーロッパにかけて活躍した騎馬民族です。
 ということは、騎馬民族タタールの言葉が、ひとつは西夏の城の名前になり、ひとつはロシアの文豪の主人公の名前に引用されたことになります。

 何の根拠もないけれど、ユーラシア大陸を席巻した騎馬民族の言葉が日本に伝わっていると面白いなあ、と想像しました。
 「カラ」が「クラ」になり、「クラ」が海を渡って…「クロ」。黒!

 蛇足ながら、ロシア語でスケトウダラのことを「ミンタイ」と発音します。朝鮮語では何と読むのかわからないけれど、「明太」と書くそうです。
 もうお判りですよね。日本では、スケトウダラの卵巣から「辛子明太子」が作られます。
 旧ソ連に旅行した時に通訳さんに教えてもらったこと、何だか伝言ゲームのようで面白いなと思いました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-05-28 23:59 | 社会科


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧