大阪府立国際児童文学館

 大阪府の財政は大ピンチだそうです。
 橋下府知事の下でさまざまな財政の見直しが行われようとしています。そのひとつに大阪府立国際児童文学館の廃止が盛り込まれています。

 大阪府立国際児童文学館(以下児童文学館)は大阪府の北部、万博記念公園の中にあります。また児童文学館から少し歩けば国立民族学博物館があります。

 児童文学館は、図書館の枠にとどまらず国際的な規模で児童文学関係資料を収集する国内唯一の研究機関としてマンガも含めた子供向けの出版は全て受け入れています。また独自に国際グリム賞、ニッサン童話と絵本のグランプリを創設して児童文学の発展を支えています。

 子供たちが小さい頃、私も何度か児童文学館へ行きました。
 子供連れにはもう少しアクセスが良ければ有り難いのですが、文学館の窓から見える緑が豊かで開放的な立地条件は落ち着いて本を読む環境としてはベストだと思います。一度文学館の中へ入ってしまうと、子供はもちろん大人にとっても懐かしい本との出会いは時間を忘れさせてくれます。

 文学館の活動の中に展示会やおはなし会があります。
 現在は、「村岡花子と『赤毛のアン』展」が開催されているようです。
 おはなし会には、私の娘たちも幼い頃に参加しました。普段手に入らないアフリカの民話を読んでいただいたのは、面白い体験だったと思います。

 ここを閉鎖または移転することは、とても惜しいことだと思います。

 橋下知事の提案通り、ここでなくてもいいのかもしれませんが、府立図書館に吸収するのは違うような気がします。
 橋下府知事はまず廃止してみて、本当に必要であれば再開されるだろう、と言われます。淘汰されるかどうかは、「府民」に託されるようです。
 子供が笑顔でいられる町をスローガンに当選された後、赤字の大阪府政にとって人件費の負担が大きいと訴えられた橋下府知事の真意はどこにあるのでしょう。

 すぐそばに立つ国立民族学博物館は、創設時から入場料(現在大人420円、高大生250円、小中生110円。毎週土曜日は小・中・高生は無料)が必要です。
 児童文学館が図書館ではない、というポリシーを持っているののなら有料化もやむを得ないのかな、と思います。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-05-31 23:59 | 社会科 | Comments(0)