インディー・ジョーンズ

 映画「インディー・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」を観てきました。
 インディー・ジョーンズのテーマ曲を聞いたら元気になります♪

 「クリスタル・スカルの王国」は、1957年ネバダ州から始まります。
 前三部作の最後、「最後の聖戦」は1989年の夏に公開されています。長女が産まれた年ですから、もう19年前になります。これら前三部作は、1930年代後半が舞台になっていました。
 つまり映画の中でも現実と同じだけの年月が流れています。ハリソン・フォードが引き続きジョーンズ博士を演じる以上当然のことですが……。

 スター・ウォーズから始まり、インディー・ジョーンズ、逃亡者と若者のハリソン・フォードから徐々に渋みが増していく姿を見ていたので、「クリスタル・スカルの王国」でアクションを演じる姿は痛々しくさえ感じました。
 ジョーンズ博士が…、オジ(イ)サンになっている…。
 この20年の間に、繰り返しテレビで放映されたインディー・ジョーンズは、当然昔のままで、目の前に映るハリソン・フォードの姿にしばし絶句してしまいました。
 それはそのまま自分にはね返ってくる訳で…。私も違う……。そのことに再び絶句!

 ストーリーについては、これからご覧になる方もいるかと思いますので触れませんが、主人公のアクションをカバーするくらいのジョークと微細なこだわりの数々が、やっぱり笑いと元気を私にくれました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-07-03 23:59 | 芸術 | Comments(0)