とうきび

 梅雨も明けていないというのに気温の高い日が続いています。
 昼間の買い物はついつい車に頼りがちで、運動不足解消のため夕方になって散歩に出ました。
 昼間太陽をいっぱいに浴びたアスファルトはまだ熱を帯びていてじんわり暑さがこみあげて来ますが、きまぐれに吹く風が心地よく通り過ぎていきます。

 民家の庭にとうもろこしの畑を見つけました。近代的なお宅の庭にほんの数株植えられたとうもろこし。大きな実がついています。食べごろまであと一週間くらいでしょうか。

 学生時代、札幌の寮で最初の一年を過ごしました。
 春、一階の南側の部屋に入寮した時、窓のすぐ下まで残雪で埋まっていました。
 やがて雪が融け、そこが寮のおじさんの畑であることが判りました。いつの間に畑の世話をされているのか、気がつくと植物が生えてきました。都会育ちの私には珍しい光景で、私にとって未知の植物の成長を楽しみにしていました。
 ある日、同じ寮の夕張出身で実家が農家の友達に尋ねると、
「とうきびださ」と、答えが返ってきました。北海道だもの珍しくも何ともないものでした。

 ある日、学校から帰って窓を開けると、大きくなったとうきびがいくつかなくなっていました。
 そして、その日の夕食には茹でたてのとうきびが登場しました。

 その後、何度か寮のおばさんが
「内緒だよ…」と、茹でたてのとうきびを差し入れして下さいました。
 それが私だけにだったのか、皆にそういって配って下さっていたのか……。内緒と言われて正直にひとりでこっそり食べていたことを思い出します。

 あの頃の私は、差し入れに愛情がこもっていたことをちゃんと判っていたのでしょうか。ちゃんとお礼が言えたのでしょうか。今では、確認のしようもありません。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-07-10 23:59 | 思い出話


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧