若人の夢

 この春教育大学への受験に失敗して、来年もう一度同じ大学に挑戦しようという長女の友達がいます。
 彼女の夢は小学校の先生になることだそうで、子供たちと過ごす日を想像しては、毎日受験勉強に励んでいるといいます。長女の口を通して聞く彼女は本当に子供が好きで純粋に教師を目指しているようです。

 彼女の夢は楽しそうなことばかりで、甘いよ、と笑うのは簡単です。
 でも、子供時代に「先生になりたかった先生」と出会えたら、それだけでも教わった子は幸せなのではないかと思います。

 教育大学に合格したからといって教師への道は厳しく、聞けば採用試験の倍率は10倍ともそれ以上ともいいます。

 大分県の教員採用試験に関する不正のニュースは、とんでもない犯罪です。不正を行った人たちは、自分たちが思っている以上にたくさんの人を傷つけ、衝撃を与えたことについて思い至っているのでしょうか。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-07-14 23:59 | 社会科 | Comments(6)
Commented by non non mama at 2008-07-18 11:11 x
長女さん “ファイト~!” 
どんな些細な事でも、不正を正す先生になってねぇ~!
Commented by h_with_the_wind at 2008-07-18 22:00
☆non non mamaさん
長女への応援をありがとうございます。
私の書き方が悪かったようです。文中の「彼女」は、長女の友達のことで、長女が教師を目指しているのではありません。代名詞の多様は悪文ですね。ごめんなさい。
Commented by 風屋 at 2008-07-18 23:58 x
夢は生きるモチベーション。
特に若い人はどんどん見るべし・・・です(^-^)
Commented by kazuwan11 at 2008-07-19 09:12
大分の事件は、これから全国で調べるそうなので、今からが恐ろしいです。
長男の友だちも教育大に二人入学しました。
特に一人の子は、本当に子どもが大好きで小学生の先生になることを夢見ています。
今からでも、ちゃんとした試験が行われるように、全国で不正を正してほしいです。
Commented by h_with_the_wind at 2008-07-19 20:48
☆風屋さん
>夢は生きるモチベーション。
そうですね。負けないで夢を持ち続け、実現して欲しいものだと思います。
いえ、私たちだってまだまだこれからですよね(笑)。
Commented by h_with_the_wind at 2008-07-19 20:52
☆kazuさん
身近にこれから先生になろうという若者がいると、尚更ショックですよね。
どんな不正も腹が立つけれど、小学校の先生が…という思いは怒りの持って行き場がないです。