オリンピック観戦

 8日に北京オリンピックが開幕しました。
 開会式を見て、土曜日は日本女子バレーの最初の試合を、昨夜はバドミントンで噂の「オグシオ」の試合をテレビで観戦しました。

 バドミントンの試合は初めて見ました。
 高校時代にバドミントン部にいた友人から、誰もが一度は遊んでみた経験があるから簡単に思われがちだけど、なかなか厳しいスポーツなんだよ、とは聞いていました。少しの風にも影響されるので、体育館は締め切りで空調も使えないそうです。
 確かに、試合を見ていてその迫力に圧倒されました。ラリーが続くことが不思議です。シャトルを目で追うことさえできません。

 こうして初めてのスポーツを観ることができるのもオリンピックの醍醐味でしょうが、団体競技と個人競技、室内と屋外、陸上から球技・水泳と様々なスポーツが同時進行することも面白さのひとつかと思います。


 1992年、バルセロナオリンピックが開かれた時、私たち家族はアメリカにいました。
 アメリカ人は、お祭り大好きな国民ですから、きっと盛り上がるのだろうな、日本以外の国でオリンピックが見られる機会はそうないだろうから、しっかり記憶に残しておこうと期待していました。

 オリンピックの開会式が近づくとテレビで
「オリンピックを見るならチャンネル○○へ、今すぐ電話しよう!24時間見られます!」というコマーシャルが流れ始めました。
 ロサンゼルス大会でオリンピックにスポンサーがつくようになってから、開催地がどの国であってもアメリカの時間帯に合わせて試合の時間が組まれる、と聞きます(今回、午前中に水泳の決勝が組まれたり、夜遅くに団体球技の予選があるのも単に真昼の暑さ対策だけが原因ではなさそうです)。
 それだけアメリカ人はオリンピックが好きで、国を挙げて応援しているのだ、と思っていました。

 ところが、あるパーティーで
「オリンピックはテレビで見るの?楽しみだね…」と話しかけると
「あれは、見たい人が見るだけで、私は興味がないのよ…」と、言われ、別の人からも
「興味があるなら、有料チャンネルを契約しなければいけない…」と教えられました。
 「えーーー、無料(ただ)で見られへんの」
 とっても意外なことでした。

 実際、オリンピックが始まってもテレビ各局は淡々と通常番組を流していました。スポーツチャンネルではいつもと変わらずバスケットと野球の試合を放映していました。ニュースの一部で結果だけでもわかるかと気をつけていましたが、結局、私には見つけることができませんでした。
 オリンピックが始まると、ニュース、ワイドショー、特集番組とオリンピック漬けになる国から来た私にとっては不思議な体験でした。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-08-11 23:59 | 思い出話


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧