夕日

 帰りの電車でいつものように文庫本を読んでいました。
 ふと目を上げると、夕焼けに西の空が染まっていました。思わず読んでいた文庫本を閉じて見入ってしまいました。
 秋の夕日はことさら綺麗に見えるように思います。

 移り行く車窓から見える夕焼けがビル群に隠された一瞬。
 ずっと見ていたかったのに遮断されたことが惜しくて電車に乗っていることも忘れて声を上げそうになりました。
 ビルが途切れると、夕日はさっきとは違う姿を見せていました。刻々と変わっていく夕焼けにカメラを持っていないことを悔やみながら、しっかり目に焼き付けたいと集中していました。

 翌日、imuimuさんのブログにお邪魔してびっくりしました。同じ夕焼けを見ていらしたと知りました。あの夕焼けをもう一度♪

 同じ電車に乗り合わせていても隣の人と夕日の美しさを共感することはできませんでした。
 なのに、遠く離れたところで同じ夕日を見ていた人がいたのだと嬉しくなりました。

 私信 imuimuさん、やっとたどりつきました……。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-11-11 23:59 | 理科 | Comments(4)
Commented by imuimu at 2008-11-20 15:20 x
あの日の夕焼けは恐いくらいきれいでしたね。
この小さいとはいえ日本の離れた場所で、同じ雲ではないけれど
真っ赤に染まる同じ空を見ていた・・
本当は隣の座席の人にも知らせたかったですよね(^^)
これは自然というものに心ある人へのご褒美です、きっと♪
Commented by h_with_the_wind at 2008-11-20 22:43
☆imuimuさん
電車の中で外を指差して「あっ!」と声を上げるべきでしたか?

>これは自然というものに心ある人へのご褒美です、きっと♪
そうだといいな♪
Commented by カンナ at 2008-11-20 22:52 x
わたしも先日、はっとするような夕暮れに、ちょうど手持ちのデジカメを持って仕事場を抜け出し、シャッターを切りました(仕事に集中しましょう)。
よろしければ、週末にお送りします。紅葉のも一緒に・・・
Commented by h_with_the_wind at 2008-11-21 06:09
☆カンナさん
わあ嬉しい!
湖北は、今、紅葉と雪が同居しているのかしら?
突然の寒気におどろいています。お風邪などひかれませんように。