煙突付きストーブ

 朝晩エアコンが欲しい季節になりました。

 北海道で過ごした学生時代は、煙突付きの石油ストーブを使っていました。
 寮を出てひとり暮らしを始めた年の秋、新しい部屋の大家のおばさんにどんなストーブを用意したらいいのか相談しました。寒冷地の冬を越すためには私の知識だけでは心もとなく、安全のことも考えると大家さんに意見を求めるのが一番と判断したからです。

 おばさんは、何を買ったらいいか判らないだろうから、と買い物に連れて行ってくださいました。その買い物の記憶は申し訳ないくらいにまったく残っていないのですが、おばさんに薦められるままに煙突付きのストーブを買いました。この煙突付きのストーブには、小さな室内用の燃料タンクが必要です。おばさんは、家に使っていないものがあるからと譲ってくださいました。

 北海道の家庭では、煙突付きの石油ストーブが一般的です。だけどそんなストーブを家で扱った経験のない私には全てが新鮮でした。
 ストーブが届いたからといってすぐに使えるわけではありません。
 部屋の真ん中(!)にストーブを置いて位置を決めます。次に燃料タンクを置いてふたつを繋ぎます。煙突は、ストーブの位置を決めてから大家さんが部屋に合わせて設置してくださいました。

 このストーブで私は3度の冬を乗り越えました。
 火の見えるストーブは気持ちまで暖かくしてくれます。
 どんなに凍えて帰って来てもストーブの火を見ているといつしか心までほぐれていたものです。

(と…、こんなことを書くつもりではなかったのですが、こうなってしまいました^^ 続きはまた明日…)
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-11-28 23:59 | 思い出話


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧