続・煙突付きストーブ

(前日の記事から続きます)

 部屋の真ん中に据え付けられた煙突付きストーブは、年中そこにありました。
 火を入れないのはほんの短い夏の間だけで、その期間は私も帰省していましたからたいして邪魔にも思いませんでした。秋の終わりに長雨が続く頃、お天気の日を見計らって、形ばかりの掃除をして冬に備えました。
 今思うと、一般家庭ではどうなんでしょう。やっぱり煙突も丁寧に取り外して夏の間は納戸に片付けるのでしょうか。

 学生時代に一度だけ遊びに来た母が煙突付きのストーブをたいそう気に入りました。母が来たのはまだストーブの必要ない秋の入り口でしたから火をつけてみせることはありませんでした。それでも飽きずにみとれていましたっけ。

 冬、北国の日没は早く、学校から帰ると部屋の明りを灯したそのまま、手袋を脱ぐこともなくストーブに火を入れます。ぼっ、と小さな爆発音に続いて炎が上がるのが見えると、ほっとしたものです。
 ストーブの上の薬缶がしゅうしゅうと音を立てる頃には、部屋の中はしっかりと暖まり炎の勢いを『微小』に調節します。
 たくさん作った前日のカレーやそこに置いておくだけでコトコトと仕上がったおぜんざい…。もうあんな生活はできないのでしょうね。
 雪国の冬は暗くて寒くてというけれど、私には楽しい思い出がいっぱいありまます。

(と…、当初書くつもりではなかった思い出が思い出をよんで、こうなってしまいました^^ 続きはまた明日…)
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-11-29 23:59 | 思い出話


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧