今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

まだ煙突付きストーブ?

 あー、どうしよう。2日にわたって煙突付きストーブで引っ張ってしまった…。
 少し、方向が違ってきたぞ。でも、まっ、いいか。……風懐 心のつぶやき


 専業主婦の時間が続いている間に、冬のオフィスは空気が乾燥するということを忘れていました。ことにオフィスでパソコンを始めとする電子機器が重要な役割を担うようになった現在では、夏の高温とともに湿気は大敵になっています。夏は冷房が行き渡り、湿度も低くて快適に過ごすことができます。

 季節が代わってエアコンが暖房になると、ますます空気の乾燥が気になり始めました。終業時間が近づく頃には、唇も頬もパリパリに乾燥してしまいます。

 それで昔はどうだったのだろう…、と思い出をたどっているうちに『煙突付きストーブ』に辿り着きました。
 石油ストーブの上でしゅうしゅうと湯気をたてる薬缶が適度の湿度を部屋に与えてくれました。

 今では、職場はもとより家庭でも石油ストーブは影を潜め、同じ灯油を使ったとしてもファンヒーターが主流になっているようです。
 より安全で便利で「地球にやさしいもの」を追い求めていたら、それを補うために冬は加湿器、夏は除湿器が必要になっていました。

 さてさてオフィスの乾燥です。
 男のひとならザブザブと顔を洗うところでしょうが(知らないけれど…)、これでも一応お化粧をしているのでそんな訳にはいきません。
 肌がパリパリに乾いて、そのうちパラパラと剥がれてしまいそうなんですが…。何にかいい方法はありませんか?
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-11-30 23:59 | わたし | Comments(2)
Commented by wocha2 at 2008-12-08 23:07
乾燥は気になりますよね(><)
お部屋なら、タオルを濡らしてハンガーにでもかけて壁に掛けとけば、
それだけでも結構湿度を補ってくれます^^

オフィスなら、机の上に・・。
1.コップに水を一杯入れて、
2.ちょっと深さがある器に4つ折にした布巾を敷いて、
3.布巾と器を一緒に引っくり返して、コップに蓋をするように置いて、
4.それを一気に引っくり返します!水をこぼさないように。
下から、器→布巾→水が入ったコップ。
布巾が少しずつ水分を吸って、ほどほどの湿度を出してくれます。
でも、そんなじゃ足りないかな・・・。

そうですよね、昔は乾燥よりも、結露が大変でしたね。
Commented by h_with_the_wind at 2008-12-09 06:13
☆wocha2さん
なるほど!今度、試してみますね。
ミニ観葉植物でもいいかもしれない。
ありがとう♪
そう、結露は大変ですよね。