私が歩けば、何かに当たる…?

 知人のところを尋ねる途中で宿場跡を見つけました。

d0087062_752180.jpg


 このあたり道が入り組んでいて、初めて通った私には迷路のようでした。目立って背の高いビルがあるわけでもなく、行く先もわからない細い道がうねうねと続くばかりです。
 不安になった頃、行き当たったのがこの表示です。昔の宿場というだけで、今は民家が軒を並べるばかりなのに、なぜかほっとしました。

 ここ兵庫県宝塚市にある小浜について帰宅してから検索してみました。
 記録は、室町時代の末期までさかのぼることができ、その時代には寺内町だったといいます。
 時代は下って、江戸時代には幕府の直轄地として有馬街道・西宮街道・京都伏見街道の三つの街道が交差する交通の要衝地として栄えたそうです。

 ほんの少し南へ下れば、国道176号線が横たわり、一日中車が行き交っています。関西はどこも喧噪を少し離れると、たくさんの歴史が残っています。

 そうそう「小浜」と書いて「こはま」と読むそうで、福井県の小浜(おばま)のように次期大統領の名前で盛り上がっている気配は感じられませんでした。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-12-07 23:59 | 課外活動 | Comments(2)
Commented by カンナ at 2008-12-16 22:49 x
こはま でなくおばま にはたまに行きます。
海岸線の目の前に、美味しいお店があって、そこでたべたキンメの煮付けは最高でした。
さっきimuimuさんのところに行ったら、最近湖北にいらしたようで、喜んでコメントしてきちゃいました。冬の湖北も美味しいものがいっぱいです。
お時間があればゼヒいらしてくださいね。
Commented by h_with_the_wind at 2008-12-16 23:37
☆カンナさん
昨年の朝ドラで、小浜が舞台になりましたよね。
焼き鯖が食べたくなりました〜。

密かに琵琶湖一周の旅を心に誓っていますが、いつになることやら…。四季それぞれ素敵でしょうが、やっぱり冬がいいかなあ。