理由

 どんなに不合理に思えることでもそこに至るには、それなりの理由があるはずです。不合理な部分だけを見て、批判したり改革しようというのは早急なように思います。

 だけど…。
 高齢者向けの自立施設でケアマネージャーをしている友人から聞いた話です。
 利用者さんから、部屋の鍵の位置が低過ぎて鍵を使うたびに腰をかがめなければならずその中途半端な姿勢が実は負担です、と相談されたそうです。
 確かにその施設の部屋の鍵は、私たちが一般に想定しているよりも低い位置につけられているといいます。それは、車椅子を利用している方にも不自由がないように選ばれた位置なのだそうです。
 「なるほどと思うでしょう…」
 彼女は、私の思いを見透かしたように言葉を続けました。
「でもね、今のところ車椅子を利用している方はいないのよ…」と。

 より弱い立場の人に配慮するという視点から、バリアフリーは当然の流れでしょう。
 友人が働く高齢者向けの施設ではバリアフリーのひとつとして鍵の位置も車椅子を利用する人を想定してつけられているのでしょう。
 ただ健常者と呼ぶには不安を抱えた方たちが、毎日を不便に思いながら生活しているのも現実です。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-01-14 23:59 | 社会科 | Comments(5)
Commented by wocha2 at 2009-01-26 15:29
あぁ・・。なるほど!
そうね、先回りした親切が、かえって裏目に出ちゃうこともあるもんね。
でもそれって、鍵をもうひとつ、高い位置にも取り付ければ解決しちゃうかもw
いや、そのことに限らず、どうすることもできないことなんて、実はそうそうないのかも。
コストの問題や、いろんな事情は出てきても、ちょうどいいところで折り合いをつけていけたら、きっと円滑で優しい世の中になるのよね^v^

いやいや、それが難しいんだけどね^^;
Commented by h_with_the_wind at 2009-01-27 07:21
☆wocha2さん
折り合いをつけることの難しさは、ご近所付き合いから政治までありますよね。確かに難しい!
Commented by kazuwan11 at 2009-01-27 22:32
なるほどね。
難しいですね。
バリアフリー。
父が自宅で生活するために一旦バリアフリーにした実家ですが、父が亡くなった後は、不便なところは取り除いたりしたようです。
自分が怪我したりした必要だと思うのですが、元気だと邪魔になるものもあるらしいのです。
高齢なのですが、元気だから他人事なんでしょうね。

そうそう風懐さん。以前、言っていたゴジラッパ出てきました。滅茶苦茶ういてますが、履いてます。
リンクは貼っていませんが、名前だけ出してます。
Commented by kazuwan11 at 2009-01-28 02:56
追伸
やっぱり、あのかわいいスリッパのリンクを貼らせていただきました。
都合が悪い時にはお知らせください。
Commented by h_with_the_wind at 2009-01-28 06:10
☆kazuさん
お父様のような例もあるのですね。
何が必要で何が不要かということにも個人差ってあるのでしょうね。

ゴジラッパ!のちほどお邪魔しますね。リンクの件、もちろん了解です。