大相撲

 知り合いに大相撲大阪場所へ招待していただいて仕事を早退、夫とともに出掛けました。
 桝席よりも土俵に近い溜(たまり)席いわゆる砂かぶりと呼ばれる特等席です。そういえば小学生の頃、両親がやっぱり招待されて私も一緒に溜席で観戦したことがありました。桝席より後ろの席なら観戦しながら飲み食いできるのですが、溜席ではご法度です。子供心には桝席の方が特別に見えたものです。

 そんな記憶しかなく、相撲の予備知識といってもワイドショー程度しかない私でしたが、目の前で繰り広げられる真剣勝負にどんどん気持ちが入っていきました。

 幕内力士に続いて横綱の土俵入り、すべての取り組みが終わったことを知らせる弓取り式、そういったスポットライトを浴びる儀式はもちろんのこと、取組前の力士たちの所作、力士を支えて黙々と働く多くの人たち、テレビだけでは知ることのできない「相撲」の世界を見ることができたのは貴重な経験でした。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-03-19 23:59 | 課外活動 | Comments(0)