九州旅行

 今回の旅行、目的地を阿蘇に絞りました。

 快晴!出発!

d0087062_2221646.jpg

真夏のような空と雲。緑がいよいよ増して、まさに「山笑う」季節です。



d0087062_222437.jpg

世界一の火口だったとは知りませんでした。
ん?主語がないんですけど、何の世界一なんだろう?大きさ…かな?
美しい…と言われると、主観ですよね(笑)



 草千里レストハウスから「四季の歌」が大音響で流れていました。私が子供のころから変わらないベタな観光地の風情に思わず笑ってしまいました。その大音響も気にならないほど草千里の奥まで歩いていきました。
 長女が、テレビの「クイズ・ショウ」を見ていることを話し、次女がヤモリを見つけ、ふざけたり写真を撮りながら随分のんびりと歩きました。
 と、突然、地面から雲(?)が湧き上がってきて、瞬く間に…。


d0087062_2231422.jpg

未知との遭遇…?



 雲はどんどん広がって、食事を終えた頃には、雨になってしまいました。
 火口に辿りついた瞬間、風向きが変わり、雨が雹になりました。

d0087062_2233974.jpg

ほんの一瞬だけ見た火口です


 あわてて避難壕に入ると、一転にわかにかき曇りの言葉通り、あたりは真っ暗になって空を稲妻が走りばらばら雹がと落ちてきました。

d0087062_224332.jpg


 やがて、避難命令が出て、一路下山。
 この夜、市内で食事をした時に聞いた話では、熊本市内は雨にもならなかったのだそうです。

 「山の天気は変わりやすい」ということを身をもって体験しました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-05-05 23:59 | 課外活動 | Comments(4)
Commented by imuimu at 2009-05-17 10:24 x
なつかしい場所を見せてくれてありがとう。
阿蘇は何度も行ったのに何回行っても良い所です。
世界一の火口。外輪山=火口なのです。祖母は火口の中に住んでいたのですね(爆
Commented by カンナ at 2009-05-17 15:33 x
わあ、懐かしい。高校の修学旅行で行きました。
広島に行って、下関で一泊。翌日関門海峡を渡って九州へ。長崎、雲仙でそれぞれ一泊。その後が阿蘇で、南阿蘇国民休暇村と言うところで最後の一泊をして、翌日帰るコースでした。(と思う)
阿蘇はさすがに広大で、宿舎の外にはほぼ何もないのです。夜、夕食の後部屋の友達と外に出たら、吸い込まれそうな暗闇、そして星空。
あれから20年以上も経ってしまったのですね。・・・またいつか行きたいなあ。
Commented by h_with_the_wind at 2009-05-17 22:49
☆imuimuさん
バスで行ったことはありましたが、車で行くのは初めてでした。
車で走っているとアメリカにいるような錯覚に陥りました。雄大ですね。

外輪山=火口ですか。やっぱりスケールがでかい!
そうか外輪山の内側にも民家がありました。なるほどね。
Commented by h_with_the_wind at 2009-05-17 22:53
☆カンナさん
修学旅行は九州でしたか。

私たち人間は20年も経つと随分変わってしまうけれど、阿蘇山にとっては、ほんの瞬きほどの時間しか経っていないのでしょうね。