深夜放送

 最近、次女が夜、ラジオを聞いているようです。
 何を聞いているのでしょう。本人はいきあたりばったりで、番組名なんて知らないといいます。

 ラジオの深夜放送は小学生の頃の憧れでした。
 ディスクジョッキーになりたいとか葉書を読んでもらいたい、という以前に「聞いてみたい…」という願いでした。

 聞きかじりの「深夜放送」という言葉が大人への階段に思えました。
 東京で人気のディスクジョッキーの名前はあちこちで取り上げられていました。レモンちゃんの愛称で親しまれていた落合恵子さんがどんなことを喋るのかとても興味がありました。大阪では聞くことのできない放送だと知ってがっかりしたことを覚えています。

 大阪の深夜放送と言えば、双璧はヤンリクとヤンタン。
 一度聞いてみたいと思うのですが、午後11時は小学生の私にとっては限界でした。
 でも、とにかく「今日は試頑張って深夜放送を聞くのだ」と父のラジオを借りるのですが、ヤンリクのテーマソングがかかると安心してCMの間に眠ってしまうのが常でした。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-05-28 23:59 | 思い出話 | Comments(0)