水無月

水がなくては困る月、それが水無月の由来だそうです
昔、友達が教えてくれました

湿気が多いと髪の毛が広がるから嫌なんだけどなあ
傘を持って歩くのも面倒なんだけどなあ
文句を言いたくなったら
昔、友達から聞いた言葉を思い出します

水がなくては困る月、それが水無月



d0087062_22585224.jpg


鮮やかな紫陽花を見つけて思わず携帯でパチリ

[PR]
by h_with_the_wind | 2009-06-01 23:59 | 季節の中で | Comments(6)
Commented at 2009-06-12 09:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by imuimu at 2009-06-12 17:31 x
とても柔らかな色ですね(^^)好きな色です。

私も傘を持ってあるくのきらいです。
少々なら濡れて歩きます。
先日まともな傘がないのに気付き慌てて買いに行きました。
Commented by h_with_the_wind at 2009-06-12 22:19
☆鍵コメ at 09:05さん
雨の日を楽しみに変える、そんな工夫、素敵です。

年を重ねるとテレビよりもラジオの方がいい、という声を複数聞いたことがあります。テレビは情報量が多すぎてしんどいのだそうです。

頑張れ!就活!
Commented by h_with_the_wind at 2009-06-12 22:23
☆imuimuさん
少々なら濡れて歩く…長女もそうなんです。困ったものだ(笑)。
最近の傘は長過ぎて、畳んでいるとき歩きにくいんですよ。
私も傘を買いにいかなくちゃ…。
Commented by さくら at 2009-06-16 07:02 x
かわいい、素敵な傘を選んでおしゃれをする楽しさを思い出してみました。こちらではデパートやスーパーで傘を探すのが大変なくらい、皆、傘を使いませんからね・・・。傘売ってませんね。

大好きな紫陽花を見せて頂きました♪ ありがとう。
Commented by h_with_the_wind at 2009-06-17 08:19
☆さくらさん
そうですね。傘…。
夫がアメリカにいた時、オフィスから帰ろうとしていたら、突然、雨が降りだしたそうです。当然、鞄から折りたたみの傘をとりだしたら、同僚の間から「Oh…!」と、喚声が上がったといいます。そんなエピソードを思い出しました。

日本の6月のカレンダーは、てるてる坊主と傘、そして紫陽花です(笑)。