今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

しんどい方の道…

 若い頃、母から辛い道と楽な道があったら辛い方の道を行け、と言われました。よく言う箴言のひとつかと…大人はうるさいなあと…深く考えもせずに聞き流していたつもりです。
 ですが、分かれ道に立たされた時にはやっぱり思い出しています。

 ようやくこの年になってそのことの意味合いがわかってきたような気がします。

 辛くても頑張った人にはちゃんとそれなりの充実した気持ちといろんな形でのご褒美が待っています。それは人から信頼されることだったり思いがけない形でのさりげない手助けだったり、必ずしも目に見えることとは限らないかもしれません。
 一方、どうやら楽な道ばかり選んできた人にはそれだけのものしかついてこないようです。

 箴言もおとぎ話も次の世代へと伝承されることには、ちゃんと意味があるのですね。
 あの頃の母の年になってようやく気付きました。さっそく、娘たちに言っとかなくちゃ。

 で、私はどちらを選んできたのだろう…と考えたら急に落ち着かなくなりました。多分、今からでも遅くはないですよね。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-07-04 23:59 | 思い出話 | Comments(6)
Commented by カンナ at 2009-07-06 23:03 x
仕事では、なんとなくいつも貧乏くじを引いている気がします。
女性初だったり、場所が離れ小島だったり、孤立無援だったり。別に頼んだわけじゃないよ!と言いたくなります。
でも、それなりに努力してきたつもりです。ある人の言葉によれば「お天道様は見てやある(見ておられる)」。
それが今の自分を創ったと思えば、貧乏くじにも少々の払い戻しがあったようで。
Commented by さくら at 2009-07-06 23:14 x
風懐さん、私も同じようなことを母に言われて育ちました!こんな風に(風懐さんとは会ったことがない、ブログ上でのお友達、という意味です)共感できるのってとっても不思議です。ふと、「どうして私はいつもこんな役回りなんだろう・・・」と悲しくなって投げ出したくなることもあるのですが、知らないうちに何かを得ていたりするんですよね。それに気づかないことが多いのですが・・・。努力することに遅すぎることって無いですよね。
Commented by imuimu at 2009-07-07 17:59 x
>今からでも遅くはないですよね。
何かを始めるのに遅いってことは無いってききました。
まだまだ人生途中です(^^)

なかなか息子に話すとお説教っぽくなっちゃうので困っています(^^;)
Commented by h_with_the_wind at 2009-07-07 22:06
☆カンナさん
お天道様は見てやある
「やある」という語感が優しくて暖かいですね。

きっと貧乏くじを貧乏くじだと思わなくなった時に世界が開けるのでしょうね。
Commented by h_with_the_wind at 2009-07-07 22:13
☆さくらさん
ああ、さくらさんのお母さんもそう言われたのですね!
さくらさんとの不思議な御縁に、やっぱり「お天道様は見ておられた」のかと嬉しくなりました。

厳しい道に飛び込んで行って努力されているさくらさんに言われると説得力があります。お母様の言われたことをちゃんと実行していますよね。
今日は、七夕、生憎大阪は曇り空ですが、ボウルダーでは天の川が見られるでしょうか。
Commented by h_with_the_wind at 2009-07-07 22:19
☆imuimuさん
ありがとう。まだまだ人生半ばでした(笑)。

うまく娘たちに話すタイミングがつかめるといいのですが…(笑)。
普段、馬鹿話ばかりしている私はこんな時に困ります。