官僚たちの夏

 日曜日から始まったドラマ「官僚たちの夏」を少し遅れて見ました。
 原作がしっかりしたドラマは、見ていて単純に面白いです。きっと実際とは違って50年の歳月が過去を美化していっているのだろうな、とひねくれながらも楽しんでしまいました。

 日本の政治は、政治家がいなくても官僚がしっかりしているから揺るがないと聞きます。ですが、官僚はあくまで裏方で私たちの目には届かない存在です。それだけにこのドラマの主役が官僚の世界であることに興味を惹かれます。

 舞台は終戦から10年、アメリカにとってはベトナム戦争前夜、敗戦国日本を自国のために利用できる立場にあり、ヨーロッパと違って戦争で本土が傷つくこともなかった絶頂期でした。

 日本は、戦後復興を旗印に一丸となって欧米に追い付こうとがむしゃらに働いていた時代です。
 まだ私が産まれる前、両親が青春を謳歌していただろう日本の生活にそこはかとない郷愁を感じつつも、突然の停電に右往左往したり、雨が降るとぬかるむ道に耐えられるか、あの時代に帰りたいかと問われるとあわてて尻込みしてしまいます。


 先日、週刊誌のグラビアでデトロイトの街がゴーストタウンと化している姿を見ました。かつて自動車産業で世界をリードしていた街です。
 驕れるものは久しからず…
 そんな言葉が頭をよぎりました。
 昨秋のリーマンショックから抜け出せないでいるアメリカは、大統領が変わったことで復活できるのでしょうか。
 日本の政治は、どう贔屓目に見ても不安定で先行きに明るい兆しを見出すことができません。わたしたちの将来を、表舞台に登場することのない官僚と呼ばれる人たちの良心と手腕に期待していいのでしょうか。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-07-07 23:59 | 社会科


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧