2017年 05月 09日 ( 1 )

十津川村

 日本で1番大きな村であり、奈良県最南端の村十津川の温泉で1泊しました。

d0087062_21435635.jpg


 40年以上も前に「新日本紀行」で十津川村の名前を知りました。
 明治時代、十津川大水害で村落の大部分が壊滅し、残った村人の多くが北海道へ移住・開拓したという内容でした。彼らが開拓した土地は、「新十津川村」と名付けられました。現在、新十津川町となったこの町では、奈良県の十津川村と同じ町(村)章が用いられているそうで、縁を大切にする日本人らしいと思います。
 山深い先祖伝来の土地から北海道の開拓のために村ごと移住したということが当時の私には想像もつかなかったためか、この時の「新日本紀行」はずっと記憶に残っています。

 そんな十津川村は、2011年の台風に伴う集中豪雨で、再び広範囲で土砂崩れと河川の氾濫に見舞われました。ここへ至る山肌にその時の傷跡が多く見られました。

 温泉の湯に浸かりながら、40年前に見たテレビの番組に思いを馳せました。
^O^/ 
       
遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2017-05-09 23:59 | 十津川・熊野2017 | Comments(0)