カテゴリ:芸術( 83 )

宙船(そらふね)

 娘とデートした時に買ったTOKIOのアルバムを聴いています。これまでTOKIOの歌は、サビの部分くらいしか知らなかったのですが、アルバムとしてちゃんと向き合って聴いてみるといいですね。

 このアルバムを買いたいと思うきっかけになったテレビドラマ「マイ★ボス、マイ★ヒーロー」の主題歌「宙船(そらふね)」をじっくり聴きました。
 TOKIOはジャニーズとしては珍しいバンド編成のグループだけあって、中島みゆきの曲に負けていません。TOKIOとの出会いが新鮮で、意外な拾い物をした気分です。
 今日もキッチンで「宙船(そらふね)」を流しています。「みゆきワールド」が広がります。私の人生の応援歌がひとつ増えました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2006-10-25 18:32 | 芸術 | Comments(0)

純情きらり

 NHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」が明日で終わります。
 桜子ちゃん、元気になるといいのですが…輝一君を抱っこしているシーンを見たいです。

 「純情きらり」は安心して見ることができました。脚本に筋が通っていましたので、登場人物の行動にも心象風景にも不自然なところがありませんでした。

 今日、桜子と姉の杏子が昔話をしていましたが、回想シーンが入らなかったのは、さすがだな、と思いました。二人の楽しそうな笑顔と会話だけで、そのシーンが思い浮かびました。安易に回想シーンに頼らなくても充分、視聴者に伝わりました。

 連続テレビ小説は、朝の慌ただしい時間帯のドラマで、時計代わりにしています。だけど、「純情きらり」は、録画して後からゆっくり楽しむ価値のあるドラマでした。
[PR]
by h_with_the_wind | 2006-09-29 23:10 | 芸術 | Comments(0)

もうひとつのピアノ

 台風13号の影響でお天気が荒れる、との予報でしたが、雨に降られる事もなく、かといって暑さも感じない一日でした。
 ドイツに生活の拠点を置いておられるピアニスト領家幸さんのリサイタル「もうひとつのピアノ」に出掛けました。

 ご自身のホームページで「ことの始まりは、まったく違った反応をするピアノとの出会いでした」と、書いておられます。現在、私たちが耳にする、あるいは演奏するピアノとは、調律からして異なるのだそうです。

 領家さんが魅了され、挑戦されている「もうひとつのピアノ」とは、古いピアノ奏法だそうです。言葉で伝えるのは難しいと、おっしゃいます。まずは聴いて欲しい、と。

 私は、ピアノ音楽を聴くのは好きですが、自分で弾くわけではないので、詳しいことは判りません。ですが、とても心地良い音色に時間を忘れました。ピアノの前身、ハープシコードを想起させる演奏にしばし身を委ねていました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2006-09-17 23:59 | 芸術 | Comments(0)