<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

母親の同窓会

 次女の小学校時代のクラスメートのお母さんばかり5人で集まりました。
 全員が別々の中学校に進学しました。もう小学校に縁のなくなったおかあさんばかりです。

 お互いの子供たちの近況報告だけで、あっという間に解散でした。
 それでも、ご近所同士、時折こうして集まりたいね、と話し合いました。

 子供が小さい間は、子供の友達もそのお母さんも一緒に遊びました。娘たちが私に友達を連れて来てくれた、いつもそう思っていました。
 それも小学校までです。中学に進学してしまうと、子供の友達の顔は見えても友達のお母さんとは親しくなる機会を失ってしまいがちです。
 意識してご一緒するようにしたい、と思います。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-05-31 23:59 | 課外活動 | Comments(2)

グリーンロード

 山の向こう側、海の彼方、線路の先に何があるのだろう、私はそういったことに興味を持ってしまう子供でした。多分、今でも変わりません。

 大阪市内から新御堂と呼ばれる道路を車で30分ほど北上すると山に行き当たります。その山腹を突き抜ける有料道路「グリーンロード」が、今日開通しました。

 グリーンロードの入口から西側へ1kmほどのところに観光地「箕面大滝」があります。落差33m、滝幅5mの水量が豊富な滝は、日本の滝百選にも選定されています。
 この箕面大滝は、谷崎潤一郎の小説「細雪」にも登場します。大阪船場の旧家の4姉妹が避暑のために箕面大滝にやってくる場面です。

 グリーンロードのトンネル工事で地下水脈に影響があり、滝の水量が一気に減ってしまったそうです。
 現在、水をポンプで汲み上げることで滝は維持されています。
 山の向こう側は、開発途上の住宅地だそうです。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-05-30 23:59 | 社会科 | Comments(0)

年金

 年金、どうなるのでしょう。

 年金の未払いが大きな社会問題になったのは、3年前でしたか。
 社会保険庁のCMに起用された女優さんが、国民年金の未納があったとしてバッシングされたのは、まだ記憶に新しいことと思います。
 あの大騒ぎは、何だったのでしょう。

 成人した国民が年金を納め、65歳以上の方が相応に受給されています。今、納めているのは、将来受け取るためでもあります。

 その将来受け取るための大前提となる記録が行方不明だといいます。
 こつこつと積み重ねていた積み木の城を、不意に崩されてしまったようです。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-05-29 23:59 | 社会科 | Comments(0)

造顔サークル

 ブログ友達から、田中宥久子さんの造顔マッサージについて教えてもらって一ヶ月になるでしょうか。
 10年前の顔に戻れるのだそうです(10年前、といっても私の場合、誤差かもしれませんが…)。毎日3分間のマッサージで、小顔になり、しみ、シワ、くすみ、たるみ、毛穴などの悩みを解消してくれるのだそうです。

 テレビで紹介されていたからでしょうか、書店で探したものの「売り切れ」状態でした。
 ネットで注文しましが、増刷待機中に変わりはなく、4週間待ちとの返事でした。

 そして、昨日、ようやく我が家にもやって来ました。試してみました。DVDを見ながら実践してみました。
 ほんの短い時間でしたが、終わってみると顔がぽっと暖かくなっています。なるほど、こんなマッサージってあるのですね。効き目がありそうです。

 それにしても「造顔」って、すごいネーミングです。人造人間キャシャーンみたい。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-05-28 23:59 | わたし | Comments(7)

水筒

 次女は、お弁当と一緒に水筒も持って学校に行っています。だけど、運動部に入ったので、昼食用のお茶では足りなくなっていることでしょう。

 次女に、もっとたくさんお茶の入る水筒に代えようか、と聞いてみました。
「クラブの時には、水筒のお茶がなくなってもちゃんと用意してあって、自由に飲めるから大丈夫だよ」と、言われました。

 こんな小さなことにでも時の流れを感じます。
 私が高校生の頃は、練習の途中で水分を摂るのはタブーでした。いつの頃からかスポーツをしている人が積極的に水分を摂るようになった、とは聞いていました。でも、何だか他人事でした。
 娘を通して、スポーツは「根性」ではなく「科学」を実感しました。

 柔軟体操ひとつをとっても違うのでしょうね。娘の練習風景に興味津々です。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-05-27 23:59 | 家族 | Comments(4)

仕事を盗め!

 バスケット部に入部した次女は、休日の土曜日も午後から練習に登校しました。

 「練習の時は、エールを掛けるの?」夕飯の時に尋ねると、何だかいっぱい掛け声があるようで、覚えたての台詞を教えてくれました。
 「それから走るわけ?」
 「そう、走って体操して…」と、次女の説明が続きます。ようやく練習の段取りが把握できてきたようです。

 「先輩の仕事を盗め、って言われた」と、次女が言います。
 おお、おおそうか…。体育会系の縦社会は、時に理不尽で反抗の対象になりがちですが、中学一年生にはまだそんな感情は浮かばないのでしょう。先輩がモップ掛けをしようとしたら、一年生が競ってモップを奪おうとしている姿が目に浮かびます。
 そうやって気配りや機転を覚えていくのが、体育会系クラブのいいところです。

 さすがに午後いっぱい練習をして、くたくたになったようです。体力がつくまでは、しっかり食べて眠ることです。早くおやすみ。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-05-26 23:59 | 家族 | Comments(0)

土砂降りの日に

 朝から土砂降りの雨です。一日中、こんなに雨の勢いが治まらないのは、珍しい事です。

 今朝の新聞に
「厚生労働省によると、1989年から93年にかけ、はしかなどの3種混合ワクチンを接種した児童ら約1700人が副作用で無菌性髄膜炎を発症し、3人が死亡。このため、現在の大学生や高校生には未接種の人が多いとみられるという。(読売新聞)」との記事が載っていました。
 私の印象は、間違っていなかったようです。調子に乗って言わせてもらえば、三種混合ワクチン(MMR)は、本当に効力があったのだろうか、との疑問も僅かながら持っていますが。
 それにしても、紙面で見ると、厚生労働省のコメントは、まったく他人事のようです。

 今も、雨が、西側の窓に叩き付けられています。止むことをすっかり忘れてしまったかのようです。
 窓にワイパーでもついていれば、きっと奇麗になるのに、と、愚にもつかないことを考えています。
 明日には、お天気は回復するそうです。止まない雨はない、でしたっけ。はしかに罹った学生さんの全快を祈っています。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-05-25 19:04 | 社会科 | Comments(4)

外交敗戦

 「外交敗戦-130億ドルは砂に消えた(手嶋龍一、新潮文庫)」を読みました。

 手嶋龍一さんは、アメリカの同時多発テロ事件の際、NHKワシントン局長として、現地から11日間連続ニュースを伝えられました。
 未曾有の惨劇に直面して、淡々と実直にニュースを読まれる姿は、今も私の脳裏に残っています。

 このノンフィクションは、湾岸戦争を題材にしています。
 現在進行形の事件は、いくら最新の映像を見る事ができても、素人には本質が見えません。湾岸戦争は、CNNがリアルタイムで空襲の様子を中継しました。家庭のテレビ画面で見ることができる戦争には現実感はなく、ゲームの世界を想起させるようでした。

 湾岸戦争で日本は、130億ドルを出して多国籍軍を支援したにもかかわらず、クウェート政府が発行した感謝国リストに載りませんでした。日本は、お金は出すが人と汗は出さない、という表面上の事実だけが、世界の日本への認識となりました。

 湾岸戦争を検証することで、日本とアメリカの関係、日本国内での葛藤、インテリジェンス(情報)の世界を伺うことができます。
 湾岸戦争も歴史となりつつあることを感じながら、今国会での憲法改正に繋がっていることを認識しました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-05-24 23:59 | 本の話 | Comments(0)

ぼく駐

 先週でしたか「目覚ましテレビ」で、ブログから飛び出した小説「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」略して「ぼく駐」が出版された、と紹介していました。

 「電車男」に始まって、「鬼嫁日記」などインターネットから飛び出して活字、ドラマ、になった小説が人気です。
 ネットで小説を読むなんて私には到底馴染めないだろう、と思っていたのですが、食わず嫌いでした。意外と面白くて夢中になっています。

 訪問するたびに、カウンターがスゴイ勢いで伸びています。
 70年代の高校生も、現在の高校生も、そして駐在さんもきっとハマってしまうはずです。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-05-23 23:59 | 本の話 | Comments(0)

美容院

 髪を切りました。いつもとは違う美容院に行ってみました。
 初めての美容院に入るのは、結構、勇気が必要です。

 これまでは、チェーン展開している比較的大きな美容院に行っていました。新人さんが洗髪、カラーはもう少し年季の入った人、カットは10年選手、と完全分業作業でした。
 今回は、ひとりの美容師さんがすべてをして下さいました。

 美容院へお喋りをしに行く、という人もいますが、私は自分が喋ると手がおろそかになると自覚しているので、黙って仕事をして下さる方の方が信頼できるような気がします。
 あまり喋らず、かといって無言の業でもない今日の美容院が私の性格には、合っているのかな、と思いました。

 いつもと同じことをお願いしましたが、随分、違った仕上がりになりました。
 気分転換になりました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2007-05-22 23:59 | 課外活動 | Comments(2)