<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

バナナ

 盛夏、バナナダイエットのことを知りました。
 朝ご飯をバナナと水だけで済ませて、後は何を食べてもいい…らしい…と。

 流行には乗らない疑り深い私ですが、バナナは整腸作用があるし朝一番に血糖値を上げるにはいいかも…、でも、朝から甘いものを食べられるかどうかあまり自信ないなあ…、と迷いました。

 次女に
「朝、バナナを食べると身体にいいんだって…」と、言ってみると
 速攻、翌朝から実行することになりました。食べることが一番の楽しみ(?)な次女に聞いたのですから、結果はわかっていましたが。
 バナナがあまり好きではない長女は不参加、次女と私のふたりで朝食にバナナを食べるようになりました。

 というわけで、二日に一度はバナナを買って帰るようになりました。
 ところが、先週の中頃から熟す前の青いバナナがスーパーに並ぶようになってきました。
 そして、一昨日、とうとうスーパーの店頭からバナナが消えました。テレビでバナナダイエットが紹介されたからだそうです。

 バナナを食べる前と食べるようになってから特に体重に変化はありません。だって普段の朝ご飯にバナナが加わるようになっただけで、コーヒーだって飲んでいます。毎日バナナの分だけカロリーは増えています。

 バナナがないならりんごにしましょうか。朝のフルーツはゴールドっていいます。長女がオーストラリアにホームステイした時には、りんごを丸ごと出されたといいますし…。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-09-30 23:59 | 家庭科(含子育て) | Comments(0)

さぶっ!

 朝から雨が降っています。
 さぶっ!
 こんなに寒い9月は近年では珍しいことです。慌てて昨日に引き続き、袖のある服をタンスの奥から引っ張り出してきました。

 今日から新しくなったNHKの朝ドラをBSで見た後、厚手の掛け布団を押し入れから出してきました。お日様に当てたいけれど、今日のこの天気では無理でしょう。せめて防虫剤の匂いだけでもとろうと、家の中に干しておくことにしました。1日置いておけば、今夜から必要になっても大丈夫…かな?

 突然の寒気に慌てています。
 最高気温は16℃でした。衣替えはもちろん、心の準備もできていません。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-09-29 23:59 | 季節の中で | Comments(2)

クッキー

 娘たちがクッキーを作りました。

 まあにぎやかなこと!黙ってでけへんの!(母 怒)。

 キッチンは独裁者と化した姉の思い通りに…いかないようです。
 「一緒に作ろう」と誘われて楽しみにしていた妹は、さっきから洗いものばかりしているような…。

 それでも、甘い〜香りがしてきて…。
 できたあ!

d0087062_21442276.jpg

[PR]
by h_with_the_wind | 2008-09-28 23:59 | 家庭科(含子育て) | Comments(0)

曼珠沙華

今年も田圃のあぜ道に咲く彼岸花を…


d0087062_2025677.jpg


稲刈りはまだ先かな?


d0087062_2032260.jpg


d0087062_20348100.jpg


 今にも雨になりそうなお天気が残念でした。
 明日からはお天気がくずれるそうです。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-09-27 23:59 | 季節の中で | Comments(0)

魔王

 嵐の大野ちゃんが主演したテレビドラマ「魔王」は、韓国ドラマのリメイクだったそうですね。第一回の放映を偶然に見てしまったら面白くて最後まで見てしまいました。

 同じ「魔王」というタイトルで伊坂幸太郎さんの小説があります。この夏に「グラスホッパー」を読んで独特の世界に触れ、更に読んでみたいと思っていました。
 「魔王」(伊坂幸太郎著 講談社文庫)を読みました。
 カフカや安部公房あるいは村上春樹の小説を読んだ時とよく似た不安定な感覚を思い起こしました。科学や理屈では解明できない世界とでもいうのでしょうか。それでいて、境界線を綱渡りするような危うくて不可思議な世界にずいずいと引き込まれてしまいました。

 「グラスホッパー」では随所にドストエフスキーの「罪と罰」を思い起こさせる場面が散りばめられていましたが、「魔王」ではタイトルそのままゲーテの詩『魔王』が引用されています。
 「罪と罰」や「魔王」といった古典の名作を密かに踏襲するわけではなく、正面から向かい合って土台にして全く違う世界を築いていく作者の奥行きがどこまであるのか楽しみにしています。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-09-26 23:59 | 本の話 | Comments(0)

知らない駅にて

 JRの普通列車しか停まらない駅で降りました。
 いわゆる野暮用というヤツで、普段あまり電車で通過する機会もない路線の始めての駅を利用しました。

 駅舎は必要最低限にまで小さいのに、線路の数がたくさんあるせいか空が広く見えます。改札口を出ると駅前のロータリーは、ゆったりとしていて客待ちのタクシーが数台停まっていました。目に入るのはせいぜい2階屋でひときわ高いビルにはビジネスホテルの名前が読み取れました。
 一瞬、大阪にいることを忘れ、旅行に出たような錯覚に陥りました。

 関西は古くから大阪を起点に放射状に他府県へ伸びる複数の私鉄が走っています。
 私にとって私鉄は日帰り、JRは旅行という区分がはっきりしています。そのせいかJRに乗るだけで旅行気分になれます。

 あまり積極的ではなかった用事で出掛けましたが、目的のことを忘れて少しだけ旅行気分に浸れたのは嬉しいことでした。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-09-25 23:59 | 課外活動 | Comments(0)

季節が変わるのかな…

 今朝、素足にフローリングの床がひんやりと感じられました。
 とはいえ、ここ大阪では小学校の運動会が終わるまでは、まだまだ昼間の日差しは厳しく気温も高くなるのが常です。

 ヘアーカットに行ってきました。
 美容院で働く人たちは、さすがにファッションセンスが良くて流行を先取りしています。そう、美容院に入ってはっとしました。もう美容師さんたちは秋の装いです。まだ夏の服装で家を出てきた私は、置いてけぼりです。

 5センチくらい髪を切ってもらうことにしました。
 この夏は、髪を束ねていることが多かったのであまり気が付かなかったのですが、随分伸びていました。
 椅子に座って髪をゆだね、ゆっくりとハイセンスな雑誌をめくっていると、贅沢な気分に包まれます。
 時折、たわいもない会話を挟んで時間をやりすごしていました。

 何だか足元がひんやりと感じだしました。
 働いている人たちのほとんどがすでにブーツで、鏡に映った私の足元は、素足にサンダルでやっぱり場違いです。おそるおそる隣のお客さんの足元を覗き見してしまいました。
 あっ、私と一緒。素足にサンダルです。
 よかった。ほっと胸を撫で下ろしたものの、一度気になるとクーラーの寒気がいっそう足元から伝わってくるような気がしました。

 すっきりとカットしてもらった後、あわててホットコーヒーを飲みに喫茶店に入りました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-09-24 23:59 | 季節の中で | Comments(2)

新しい出会い♪

 特にさだまさしさんのファンというわけでもありませんが、何かにつけ思い浮かべる歌があります。

 たとえば、
 新しい環境に移った友達のことを思い浮かべた時には、

    ♪元気でいるか 町には慣れたか 友達できたか  (案山子)

 ですとか、

 戦争について目や耳にした時には、

    ♪海は死にますか 山は死にますか
     風はどうですか 空もそうですか  (防人の歌)

 ですとか…。

 今朝、頭の中をリフレインしたのは、

    ♪出会いはいつでも 偶然の風の中  (天までとどけ)

 でした。

 とある方のブログをきっかけにして新しい出会いがありました。とってもハッピーです。

 ここでコメントを頂く方のほとんどは、名前も姿も声も知らない方です。暮らしている場所も年齢も生い立ちも違う人たちと『芋蔓式』(風屋さん命名!?)に出会えるのは、『今』生きていること、ブログを始めて世界が広がったことだと実感しています。

 さだまさしさんの天までとどけを借りて、

    ♪ようこそ ようこそ
     ようこそ僕の街へ ようこそ風懐へ♪
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-09-23 23:59 | わたし | Comments(6)

センター試験

 大学入試センター試験の出願受付が来月1 日から始まります。
 出願書類を整えるために、今年センター試験の受験料を振り込みに郵便局へ行ってきました。受験は本人の力量ですから、親にできることは何もありません。だから、と言っていいのかもしれませんが、自然『験を担ぎたく』なってしまいます。
 さて、昨年の失敗を繰り返したくないために、今年は違う郵便局に行ってきました。

 振り込み用紙の控えに郵便局の判子を押して返してもらう時に、受け付けて下さった郵便局の男性職員から
「いい結果を期待しています。頑張ってください」と、声を掛けていただきました。
 これまでにも入学願書を郵送したことがありますが、そんなことを言っていただいたのは初めてです。たったひと言声を掛けてもらえただけで、何だか明るい光が見えたようで嬉しくなりました。

 今年は、複数校を受験するというので郵便局へも通うことになりそうです。もちろん、この郵便局でお願いするつもりです。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-09-22 23:59 | 家族 | Comments(0)
 6月に東京行き新幹線の片道切符をいただいた、と書きました。

 切符をいただいてからしばらくは、東京のどこに行こうか、何をしようか、とリサーチまでして行く気満々だったのですが、結局、私が使うことはありませんでした。
 切符の有効期限が迫ってきた頃、友達が東京に行くと聞いたのであげてしまいました。

 行こうと思えばいつでも行ける…、娘たちの夏休みが終わったら…なあんて思ったのが、運のつきでした。いざとなると時間を捻出することができなくなっていました。残念だけど、縁がなかってのでしょう。
 もともと頂き物でしたし友達が有効に使ってくれたので、きっと私はバトンの仲介役だったのでしょう。
[PR]
by h_with_the_wind | 2008-09-21 23:59 | わたし | Comments(0)