<   2009年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

リスとラクダ

 私のブログのトップに貼り付けたぬいぐるみの写真を見て、そういえば幼稚園での私のマークはリスだったな、と思い出しました。

 私の通っていた幼稚園では、靴箱やロッカーに書かれた名前の横に園児それぞれに違った絵がありました。まだ平仮名が読めない園児でも自分と友達の物を置く場所が区別できるようにとの工夫です。
 チューリップだったりヨットだったり…。そして私のマークは、リスでした。
 (どこでもそうかな?今でもそうかな?)

 私のマークがリスだったということを突然思い出しましたが、どんな絵だったのかはどうしても思い出せません。 可愛らしい絵だったのか、それともリアルな絵だったのか。リスは正面を向いていたのか、横を向いていたのか。シールだったのか、先生の手書きの絵だったのか。


 それより少しだけ新しい記憶…。

 小学校を卒業する頃、友達と幼稚園時代の話をしていました。
 違う幼稚園に通っていた友達ですが、彼女の幼稚園でも園児ひとりひとりにマークがあったそうです。
 「私、ラクダだったの…」と、その子はいいました。
 童謡「月の砂漠」を連想した私は、ロマンチックでいいな、と思ったのですが、
「なんで、ラクダにしたんだろう…」と、友達は、しきりに後悔し始めました。
 その子の通った幼稚園では、たくさんの絵の中から好きな絵を選ぶことができたそうです。友達が自分で選んだ絵が気に入らないと言いだして、なんだか困ったことまで思い出してしまいました。

 ラクダを選んだ友達とは中学校は一緒だったけれど、卒業して以来会ったことがありません。
 元気にしているかなあ。
 もしも幼稚園時代にラクダのマークで、後悔しているという方がこのブログをご覧なら、それは私の友達かもしれませんね。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-09-26 23:59 | 思い出話 | Comments(2)

紅葉?

d0087062_811765.jpg

[PR]
by h_with_the_wind | 2009-09-25 23:59 | 季節の中で | Comments(4)

竹取物語

 竹取物語、といっても古典ではありません。
 このところ食べ物の話題に偏っていますが、是非、ご紹介したいのが京都ジュヴァンセルのお菓子です。

 竹の皮の中から出てきたのは…

d0087062_22254456.jpg


パウンドケーキ

d0087062_22263026.jpg


大きな栗と黒豆にごまがかかっています。

d0087062_2229160.jpg


 この竹取物語は、洋菓子と和菓子の「いいとこ取り」をしているようです。重量感があるけれど、食べ終えた途端にもうひと口欲しくなりました。
 お菓子の世界はすっかり秋です。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-09-24 22:43 | 家庭科(含子育て) | Comments(2)

ハバネロ

 ハバネロを見つけました。
 世界の中でも辛さの代表とされる唐辛子です(添付コメントより)。

d0087062_7231279.jpg


 小さいピーマンみたい…。
 鷹の爪の代わりにゴボウとこんにゃくのきんぴらに入れてみました。なぜかこんにゃくが緑色に…。
 食べてみて飛び上るほど辛いということはありませんでしたが、夜になっても指先が微妙にひりひりと痛みました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-09-23 23:59 | 家庭科(含子育て) | Comments(4)

敬老の日に

 電車でお年寄り3人の女性と乗り合わせました。
 元気な会話が続いていました。耳に入ってくる情報でおひとりは60代、残りのおふたりは80歳の同級生らしいということがわかりました。

60   この間、映画見に行ってきてん
80A  えっ、何の映画?
60A  剣岳。もう景色がものすごう奇麗やったよ

 ここだけ切り取ったら、学生と何等変わらない会話です。

60   60歳過ぎたら、シルバー料金で見られるねんよ。
80A   えっ、いくらなん?
60   1000円
80A   安っ!、ほんまはいくらなん?
80B  2000円!

私、心の叫び (1800円です!)

80B  ほんまの値段知らんのに安いはないやろ!

爆笑
私、つられて(笑)

60   映画館で切符買う時に年齢証明するもの見せるねん
80A  ほんなら私も安くなるの?
80B  なるなる。あたんも立派なシルバーやん
80A  診察券でもいいんかなあ
60   診察券に年書いてある?
80B  私もシルバーで映画見るけど、年齢証明なんか見せたことないわ
60   へえ?なんで?あかんやん
80A  いや、顔見たらわかるやん
80B  顔パスか?

爆笑
私、ぐるしい~

 いやいやお元気が何よりです。映画、いっぱい見てください。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-09-21 23:59 | 課外活動 | Comments(4)

ごっ、ごめん

前日、あんなことや…こんなことをしたのに…。

d0087062_6485576.jpg


えっ?実際には重すぎて持ち上がらないから…?
えっ?そもそも…そんな気にもならない…?
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-09-20 23:59 | 家族 | Comments(4)

憂さ晴らし?

夫の顔を見ないで先に寝た翌日
起きたらこんなことに…

d0087062_1962496.jpg

夫のペンを持って、首には時計が巻かれている…
なんか、ソンした気分…


で、憂さ晴らし…。


d0087062_1982580.jpg

あんなことや…

d0087062_199352.jpg

こんなことして…


d0087062_1993479.jpg


すっとしたあ
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-09-19 19:24 | 家族 | Comments(6)

老人の心理

 年を重ねると人の心はどんな方向に向かっていくのでしょう。
 高齢者の心理について興味を持っています。
 子供に対しては自分の通ってきた道でもありますし、成人してからリタイアする年代については、同等を基準として想像することもできます。
 ですが、高齢者について語られることは少なく、老親と接していても戸惑うことがあります。

 「老人の心理がわかる本 ~年老いた親と上手に付き合うためのヒント~」下仲順子著KAWADE夢新書を読みました。

 正直、私にとっては物足りない内容でした。もう少し専門的な内容のものを期待していましたので、巻末の参考文献の中から新たに選んでみたいと思います。

 ですが、入門書としては適当かもしれません。
 そろそろご両親がリタイアしようかという方や、自分に若いころの自信がなくなったと思われる方は、読んでおかれるといいかもしれません。

 たとえば、お義母さんがせっかく洗ってくれた食器をこっそり洗い直すお嫁さんの話。実はお義母さんの視力が落ちていてきちんと洗えていなかったといいます。結構身近にあるのではないでしょうか。

 高齢者にも感情はあります。プライドだってあります。
 でも、身体が思うように動かないジレンマ、訃報に接した時、お年寄りの揺れる心に寄り添うためには、どうしたらいいのかなと迷います。
 多分、子育てで経験したように、その人とじっくり付き合って学ぶことしかないのでしょうが。

 
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-09-18 21:27 | 本の話 | Comments(0)

秋の息遣い

 もうすぐ秋分の日です。
 例年の今頃なら最高気温30度を越すのが常なのに、今年の暑さは元気がありません。

 夕方、買い忘れたものに気がついて再度買い物に出掛けました。久しぶりにカメラを持って。

d0087062_22413535.jpg


 いつの間にか日の落ちる時間も早くなっていて写真は思ったほど撮れなかったけど、秋の風が気持ちよくてつい遠回りをしてしまいました。
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-09-17 22:42 | 季節の中で | Comments(2)

修学旅行その前に

 修学旅行の季節です。
 長女は小学校の修学旅行で新幹線を利用しました。

 修学旅行前には、生徒のための説明会、保護者のための説明会、緊急時の連絡先やアレルギー等身体に関する調査票の提出、といくつもの手続きがありました。

 修学旅行が数日後に迫ったある日、校庭に6年生全員が集められたそうです。
 校庭に引かれたラインに沿って2列に並んだ子供たちが先生の合図で一斉に動きます。最前列にマークされた位置から順番にラインの反対側に進んで行きます。
 ストップウォッチを持った先生が合図をすると、反対側に進めなかった生徒たちは、
「はい、乗れませんでした…」
「えーーーー!」
 これ、「新幹線に乗る練習」だそうです。
 素早く乗る、乗ったら進む。

 なるほどなあ、決められた停車時間内に生徒を乗せなきゃいけないもの、とこの話を聞いて納得しました。
 長女は長女で「そんなものだ」と、思っていたそうです。

 ところが、高校生になってこの話をしたら大いにウケたそうです。
 他所ではやらないの?
[PR]
by h_with_the_wind | 2009-09-16 23:59 | 思い出話 | Comments(2)