<   2010年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

運転免許

 夫と週末を利用して、長女の住む九州へ行きました。
 両親と一緒に過ごすことを疎ましがるかと思いましたが、長女は意外に素直にこの計画を受け入れてくれました。学生生活が充実して、自信ができてきた証拠だと思うことにします。

 長女と会うのは、成人式で帰省して以来です。春休みは、アルバイトと自動車学校への通学で忙しくて帰省する時間がとれませんでした。
 半年以上のブランクを経て会った長女は、変わらずに私の娘でした。

 春休みに頑張ったおかげで、長女は無事に運転免許証を手にしました。
 私は、AT車の免許に挑戦しているのかと思いこんでいましたが、マニュアル車の免許を取得していました。面倒臭がりで楽な道を選びたがるのかと思っていた長女が、将来のことを考慮して難しい方の道にチャレンジしていたことを嬉しく思うと同時に、大げさにいえば今後の選択にも信頼していけそうな気がしました。
^O^/

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-07-31 23:59 | 家族 | Comments(0)

九州へ

 仕事を終えて、夫と最終の飛行機で長女のいる九州へ行きました。
 次女が家を空けている間に長女と3人で過ごします。たまにはいいよね(笑)。

d0087062_19294271.jpg


^O^

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-07-30 23:59 | 課外活動 | Comments(0)

繋がっている…

d0087062_19253074.jpg


 空を見上げれば雲。
 この空の下、離れて暮らす娘たちがいます。漠然とだけど、確かに繋がっていることを感じます。

 ふと、娘時代の私は両親に対してそんな風に感じたことはなかったな、と思いました。空を見ても、自分の未来しか思い描いていなかったのではないか…と。
 きっと肉親とひとつ空で繋がっていると感じるのは、私の母親としての感情なのでしょう。

 と、思ってもう一度眼をあげれば、ぽっかりと青空。

d0087062_1926328.jpg


 もう空の住人になった母がそこから覗いているような気がしました。私の会えなかった祖母と並んで笑っているような錯覚に陥りました。
 明日は、祖母の命日です。
^O^

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-07-29 23:59 | わたし | Comments(4)

カミカミで…

 口頭で仕事の報告をしようとしたら、自分でも何を言っているのだか「カミカミ状態」になってしまいました。
 えっ?なんで?!

 もともと話下手です。だから気をつけているつもりですが…。
 何とか報告を終えて、ほっとしながらもまだ頭の中では「なんでカミカミになってしまったのか」と、理由を探していました。

 そうか…。
 前夜、夫が出張で、私ひとりだったんだ…。
 ひと晩誰とも喋らずにいたせいで、頭に口がついていかなかったのでしょうか。

 ひとり暮らしをしていた時もそうだっけ?
 遠い昔のことで忘れてしまいました。
 長女もそうなのかな?
 今度、聞いてみよう。
(^^;)

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-07-28 23:59 | わたし | Comments(2)

古事記

 昨夏、従姉から薦められた『逆説の日本史』を読んでいて、私たちが日本史として習わなかった『神話』をきちんと読んでみたいな、と思うようになりました。
そのことはコチラにも書いています。

 まだ文字を持たなかった私達の先祖が口伝伝承した日本史の始まりを太安万侶(おおのやすまろ)が記録して元明天皇に献上したのが、日本最古の歴史書・古事記です。

 『天岩戸の伝説』『因幡の白兎』『八俣の大蛇』…。
 タイトルを見ると「あー、あの話…」と思い出すエピソードばかりです。
 その『お話』を、多分、私は幼い頃に『日本の神話』として絵本や子供向けの本でバラバラに読んだだけです。

 古事記を読もう、と決めたものの、古事記を原文で読むだけの知力も気力も体力(?)も今の私にはなさそうです。
 と、半ば諦めていた時に出会ったのが、角川ソフィア文庫の『古事記』です。
 全文が収められているわけではありませんが、現代語訳と読み下し文が併記されているので、私のような素人でも根を詰めずに読むことができました。
 解説も豊富で、現在残っている史跡の地図や写真も掲載されています。俯瞰した視点で読むことができるは、後世の者の特権かもしれません。
(^_-)-☆

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-07-27 23:59 | 本の話 | Comments(0)

花火

 昨年の天神さんは、思いがけず奉拝船から花火を見ることができました。
 今年は、Walking with Dinosaursのチケットが取れた日と天神さんが重なりました。大阪城ホールで開催されたWalking with Dinosaursの後、大川のほとりからビール片手にから揚げなんて食べながら花火を見るのも一興ですが、何せ暑い!人が多い!

 早々に人波を離れて、市内のレストランから遠くに花火を見ながら夫と食事をしました。

 ビルの最上階・南側に面したレストランは日曜日だというのに比較的すいていました。今夜は天神さんに人が流れてしまったせいでしょうか。
 予約したカウンター席の大きな窓の向こう側には大阪の町が広がっています。高層ビルが増えたな、と幼い頃から親しんだ街並みに、取り残されたかのような感傷が過りました。
 「大阪駅の前は、闇市やった…」と、父の声が聞こえたような気がしました。

 やがて日が沈み、遠く関空に降りる飛行機の灯りが目につき始めた頃、最初の花火が上がりました。
 夫といつもの会話を交わしながら、クーラーのきいた室内で音もなく上がる花火を見ていました。
 私たちがこの世であくせくと動いているのもほんの束の間、花火のように一瞬のことなのだろうと思いながら。
^O^

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-07-26 23:59 | 課外活動 | Comments(4)

恐竜と出会う

 何年ぶりでしょう、気兼ねなく夫と出掛けられるのは…。そう娘たちを誰かに預けて外出するということもありませんでしたから…。

d0087062_17302116.jpg


Walking with Dinosaurs


 うーん、子供のための教育プログラムだったのかな?
 恐竜の動きがリアルだとの前評判に惹かれたのだけど、それだけでは物足りなく感じました。
(^^;)

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-07-25 23:59 | 課外活動 | Comments(0)

どうしてるかな?

d0087062_22222999.jpg


行ってきます!
いってらっしゃい!

それきりですけど…。
(^_-)-☆

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-07-24 23:59 | 家族 | Comments(2)

スターウォーズ

 ここのところ夜中になるとリビングからスターウォーズの力強いテーマソングが聞こえてきます。
 BSでエピソード順に、連夜スターウォーズを放映しています。遅くに帰宅した夫は、毎晩その日に録画した映画を見ています。

 エピソード4から始まったスターウォーズは、子の時代を描くのに3話を費やし、時代を遡ってエピソード1からの3話で親の時代を描いています。
 今回の放映は物語を時系列に放映するというのがひとつの目玉で、世界初の試みだそうです。うーん、日本人が好みそうです。

 スターウォーズ・エピソード1が放映された時、私は冷めていました。アメリカの娯楽映画にどうして皆が熱中するのか、理解できませんでした。世の中に背を向けていたのは、単なる反抗期だったのでしょうか(笑)。

 初めてスターウォーズを劇場で見たのは、エピソード6でした。
 「途中から見てもわかるから…」と説くまだ結婚する前の夫に連れられて行きました。
 途中から見てもわからないところはわからなかったけど、ただ妙にスカッとした気分で映画館を出たことははっきりと覚えています。当時の最大限の技術を駆使した特撮、猛スピードで森の中を行くシーンでは、一瞬も目が離せませんでした。
 以来、あのスターウォーズのテーマソングが流れると、何だか元気が湧いてくるようになりました。
p(*^-^*)q

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-07-23 23:59 | 思い出話 | Comments(0)

門限

 門限、午後2時、水曜日と土曜日は午前11時。
 私の生涯で多分一番早い門限は、娘が幼稚園に通っていた時代です。長女が幼稚園に通い始めた年から18年、少しずつ門限は遅くなっていきましたが、それでも夕飯を作る時間には帰宅しなければならない生活に変わりはありません。

 次女をホームステイに送りだした途端、その門限から解放されました。
 これまで不義理をし続けていた友達に恐る恐るメールしてみました。
「時間、ある?」
「お茶しよう!」と、快諾してもらえました。
 嬉しい!

 私の両親が相次いで入院する前に会ったきりでしたから、2年ぶりくらいになるでしょうか。ようやくゆっくり話の出来る時間ができました。
 何から話をしたらいいのか、ヨリを戻した元恋人のよう…?ちょっと照れるなあ。

 お互いの近況報告と少しの愚痴、娘たちの話と少しの愚痴、世間話と少しの…(笑)

 会ってしまえば何てことないのだけど、会う約束をするのに、
「私は時間があるけれど、だからと言って急には迷惑かなあ」と、思うのはお互い様だったことを知りました。
 ちっとも迷惑じゃないよ。だめならだめっていうからさ。また次にしたらいいんだし…。と、思うのもお互い様のようです。
 思い切って連絡して良かった。
^O^

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-07-22 23:59 | わたし | Comments(10)


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧

最新のコメント

✩さくらさん ホント、..
by H_with_the_wind at 16:26
木陰のベンチやラグで読書..
by さくら at 01:03
✩チェイルさん ありが..
by H_with_the_wind at 19:06