<   2010年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

晦日

 晦日。
 1年に12回やってくる晦日の中でも8月の晦日は、12月の大晦日に次いで節目を感じます。8月31日は、夏休みの最終日という子供の頃からの意識が染みついているからでしょうか。

 一日違いで何ほどの変化もないはずなのに、学校が始まると夏休みとは生活が一変します。
 そして、日中の厳しい残暑にうんざりしつつも、確実に入り日の時間が早くなっていることに気が付きます。


 今年の夏の暑さは異常で、大阪でも酷暑日と熱帯夜が記録を伸ばしているそうです。毎日毎晩、マスコミで流される情報に、必要以上に刷り込まれているのではないかと嫌気がさしてきました。
 今年の春は遅くていつまでもダウンジャケットが手放せずにいました。梅雨は長くて気温の上がらない日が続いていました。ただ暑さのピークがずれているような気がするのですが…。ただ私がそう思いたいだけでしょうか。
^_^

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-08-31 23:59 | 季節の中で | Comments(4)
 長女から出された私の夏休みの宿題です。

d0087062_2023924.jpg


 Tシャツの入る大きさです。
 袋の模様で中身がわかりますよ(ただし何をいれたかを覚えておけば…)。
 リバーシブルにしているので(左)、使用した着替えは袋を裏表にして放り込んでおけば、新しい着替えと洗濯物が一目で区別できます。

 と、これを見た夫に自分の出張用のも新調してくれとリクエストされました^^;
 また宿題です。
[PR]
by h_with_the_wind | 2010-08-30 23:59 | 家庭科(含子育て) | Comments(2)

小包

 長女と約束した旅行用の着替えを入れる袋がようやく出来上がりました。
 
 送ってやろうと関西限定のラーメンやポテトチップスを買ってきて小包を作っていたら、本人からメールが入りました。
 9月に入ったら2泊3日で帰省する、と言います。

 夏休みはアルバイトで時間がとれそうにないと言っていたので、帰省は無理かと諦めていました。次女の新学期は始まっているし、たった2泊だなんて何とも慌ただしい帰省です。
 それでも帰ってくるという知らせは、嬉しいものです。
 一度閉じかけた小包のふたをそのままにして、長女の帰りを待つことにしました。
w(゚o゚)w

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-08-29 23:59 | 家族 | Comments(0)

民生委員さん

 東京で、最高齢者であるはずの男性が30年以上も前に亡くなっていた、ということが発覚して注目を浴びたのが民生委員さんです。

 厚生労働省のホームページによると、『民生委員は、厚生労働大臣から委嘱され、それぞれの地域において、常に住民の立場にたって相談に応じ、必要な援助を行い、社会福祉の増進に努める方々であり、「児童委員」を兼ねている』と定義されています。


 ずっとご縁のなかった民生委員さんですが、父が高齢者に数えられるようになってから実家に訪問をしてくださるようになりました。敬老の日が近づくとお祝いの会へのお誘いに来てくださっています。
 区・市役所と家庭の橋渡しをしてくださる民生委員さんのお仕事は、必要に応じた交通費のみでボランティアだということもこの頃知りました。

 住民の生活リズムに合わせて訪問し、時には相談に乗るといった仕事の延長に高齢者の安否確認もあったのかと思うと、心身ともに大変なご苦労をおかけしているのだ、と改めて敬意を表したく思います。
m(__)m

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-08-28 23:59 | 社会科 | Comments(0)

うーん、200歳って…

 東京で、最高齢者であるはずの男性が30年以上も前に亡くなっていた、ということが発覚してから、日本全国で高齢者の戸籍がチェックされているようです。
 ニュースで「生きていれば130歳の…」と報道された翌日には、「生きていれば150歳の…」だとか「生きていれば坂本龍馬と同い年の…」と、どんどんエスカレートしていっています。
 とうとう戸籍上『200歳』の男性の存在(?)が明らかになりました。生存が確認されなければ法務省の許可を得て除籍されるそうです。

 うーん、200歳って…。
 そう言われると、何だかちょっと感慨が変化してきます。

 100歳以上で所在確認できない人が次々と報道された時には、身元不明で亡くなっている人がいる現実を思えば戸籍の抹消ができていないこともあるだろうと比較的冷静に受け止めていました。

 だけど、「200歳の男性がいる」ことが分かったのは、戸籍を200年前の幕末まで遡ることができる、ということです。
 日本ってスゴイな、と本筋とはズレたところで感心してしまいました。どんな書庫で発見されたのか、どんな形式で書かれていたのかとても興味があります。
w(゚o゚)w

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-08-27 23:59 | 社会科 | Comments(2)

みんなでニホンGO!

 派手な番組ではないけれど、面白くてついつい見てしまうのが、NHKの「みんなでニホンGO!」(NHK総合テレビ 木曜夜10時から)です。

 日本語を学ぶ外国の人にとって、一番難しいのがカタカナだそうです。そう言われたら、やっぱり「えっ?」と続きが見たくなりませんか?


「こちら、コーヒーになります」
「お下げしても大丈夫ですか?」
「1,000円からお預かりします」
言われると、なんか変な感じがする、
おかしな敬語、ギャル語、死語…。

『みんなでニホンGO!』はそんな気になる
ことばを集めて徹底調査・街頭実験、
あなたの常識がくつがえる
目からウロコの連続です。(「みんなでニホンGO!」HPより)




 外来語をそのまま日本語表記したカタカナがどうして難しいのだろう、発音が変化してしまうことが原因かな、と私なりに考えました。
 が、外国の方は、Department storeが、まずDepartと省略され、さらに片仮名で表記された時には、デパートになっているので一致しない、と発言されました。
 なるほど、ねえ。
^o^

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-08-26 23:59 | わたし | Comments(2)

来年の大河ドラマ

 来年のNHK大河ドラマ『江 ~姫たちの戦国~』のヒロインお江の故郷湖北で見つけたタオルです。

d0087062_19184553.jpg


 次女は、キャラクターが可愛いらしくて使うのがもったいないと言います。
 面タオル(剣道で頭に被るタオルをそう呼ぶのだそうです)になんて、とても使えないのだそうで…。
^o^

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-08-25 23:59 | 家族 | Comments(4)

夏休みの宿題

 間もなく次女の新学期が始まります。
 夏休みの宿題は終わったのでしょうか?さすがに高校生に聞くことはしませんが、やっぱり気にかかります。

 そう、私にも夏休みの宿題がありました。
 長女に旅行用の着替えを入れる袋を作ることを約束していました。9月に入って大学の研修旅行に出掛ける時に持って行きたい、といいます。
 裁断は済ませて、後はミシンをかけるだけですが、生地を見つめるだけでなかなか作業にとりかかれずにいます。ホント、やる気の問題です。

 次女の新学期と共に、嫌でも今より一時間早起きの生活が戻ってきます。その前になんとか宿題をやり終えてしまいたいと思うばかりです。
^^;

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-08-24 23:59 | わたし | Comments(0)

熱帯夜

 朝、目が覚めた時から疲れています。
 寝た、という充足感がありません。
 暑くて寝苦しい夜が続いているせいで、一日のメリハリができず、疲れがだらだらと溜まっているような気がします。

 夜、遅くに帰宅する夫は、お盆を過ぎて夜風が変わった、といいます。秋の虫が鳴いていたと教えてくれます。
 夫の言葉は私に微かな期待を持たせてくれますが、西日の強い時間から台所で火を扱っている私にはまだはだ実感できません。

 テレビのニュースでは、連日、猛暑の続く日本列島の様子を伝えています。それを見ただけで、また気分がぐったりとしてしまいます。
(T_T)

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-08-23 23:59 | 季節の中で | Comments(0)

間違い探し?

 私のブログは、一週間遅れが定着してしまいました。 ^^;
 それでもぽちぽち続けていかれれば…と書き綴っています。

 地球の回転は私のペースよりも常に速くて、一日がするすると過ぎていってしまいます。
 せめてその日の記憶が褪せてしまわないうちにと、キーワードをメモしていますが……。

 8月22日のキーワードは、『間違い探し』…。
 ん?『間違い探し』って、何でしたっけ?
 どんなに頑張っても思い出せません…。 22日のことは、しっかり覚えているのに…。 ^^;
 思ったことを忘れないようにと書いておいたはずなのに…。
 何が書きたかったのでしょうね。私。

 暑い日が続いていますから…。
 えっ?原因は加齢……?
^^;

[PR]
by h_with_the_wind | 2010-08-22 23:59 | わたし | Comments(2)