今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

復興の狼煙(狼煙)第二章

『復興の狼煙 ポスタープロジェクト』と出会って1年がたちました。
 更新されています。 コチラ→

 まさか岩手県沿岸部の市町村の名前を記憶する日が来るなんて思ってもいませんでした。強く刻まれたその名前をこれからも忘れることはないでしょう。

 『絆』という言葉は嫌いだ、という被災者のつぶやきを、ついこの間耳にしました。深く心に突き刺さりました。



遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2012-05-28 20:26 | 明日を信じて | Comments(6)

いま時の若い者…

 「いま時の若い者は……」と、かつての私たちも言われました。
 曰く「どうして大学生が電車の中でマンガを読むのだ」
 曰く「女が大学にジーパンを履いていくなんて」
 古代文字を読み解いたら「いま時の若い者は…」と書かれていた、というエピソードを知ったのはその頃でしたか。

 週刊誌の見出しに『ゆとりモンスター新人』とありました。
 娘たちは「ゆとり世代」です。彼女たちが選んだ訳でもなく、親の私たちも子供を授かった時には、ゆとり教育が始まるなんて想像もしていませんでした。

 他人ごとではないな、と週刊誌の『ゆとりモンスター新人』の記事を読みました。なるほどこの春の新人社員たちのびっくりするような行状が書かれています。
 だけど、読んでいるうちに何だか笑えてきました。
 世代を括る命名に身構えたけれど、「いま時の若い者は……」という古代人のため息が聞こえてくるようでした。
 記事を書いた人の年齢はわからないけれど、バブル期に『新人類』と呼ばれた世代だったとしたら面白いなって想像しながら…。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2012-05-27 08:46 | 社会科 | Comments(0)

教養とは

 教養のない者に権力を持たせたら国は滅びます
   (骸骨ビルの庭 宮本輝著 講談社文庫)

 (『史記』や『四書五経』『十八史略』『貞観政要』)を学び、西洋の学問や芸術にも触れて、それらを咀嚼した上質な中国人たちは、毛沢東の文化大革命で姿を消しましたなァ。日本の戦前戦中にもおんなじようなことが起こってました。私は毛沢東のことはようわかりませんが、戦前戦中の軍人のことは知ってるつもりです。要するに本当の意味での教養がなかったのです。

 という文章を受けて、「教養のない者に権力を持たせたら国は滅びます」へと繋がります。


 「教養のない者」のイメージは容易に浮かびます。
一方、「教養の豊かな者」「多くを学び咀嚼した者」というと、漠として想像の域を越えてしまいます。
 何より「教養」とは何か、との自問に答えを出そうとすると、思い浮かんだ私なりの定義が結ぶ前に揺らいで拡散してしまいます。
 そうやって浅学非才な己が姿を曝け出してしまうのです…。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2012-05-25 22:10 | 本の話 | Comments(4)

何をなすべきか

d0087062_2053874.jpg

空を過る一直線の飛行機雲



 このところ私は何をしたかったのか、これから何をなすべきかということについて漠然と思い巡らせています。
 子育てが終盤に差し掛かってきたことを自覚し始めたからかもしれません。
 若い頃にしたいと思っていたこと、まだ叶えていない夢のいくつかを思い起こしては、まだやりたいと思っているか、これから叶えることができるだけの力があるかどうかを自問しつつ計っています。

 って、そんなにたいしたことではないのだけど……。

 独身時代にヴィクトル・ユゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』を探したことがあります。探すといっても当時のこと、書店へ行って書架を見て回ることくらいしか方法がありませんでした。子供向けの小説はあったけれど、きちんと翻訳されたものには出会うことができませんでした。当時、指摘され始めた「不適切な表現」が邦題のタイトルに含まれているからかしら?なんて思ったものです。

 ふとそんなことを思い出して、検索してみたらネットで購入できることがわかりました。
5,000円を超える本の価格は、かつての私なら躊躇したかもけれど、今の私なら買うことができます。

 きっと忘れてしまった夢もたくさんあることでしょう。
 思い起こせる願いならひとつづつ拾って叶えていけるといいな、と思っています。

^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2012-05-23 20:08 | わたし | Comments(8)