<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

少し嬉しくて…

 先日、美容院で読んだ雑誌にドナルド・キーン氏と篠田桃紅さんの対談が載っていました。
 さらりと流し読みして温かい気持ちで帰宅しました。
 日が経つにつれ、もう一度きちんと読んでみたくなって、昨日、仕事帰りに書店に寄りました。

 一冊だけ残っていました。
 いろんな人が手にしたせいか少しだけ表紙がくたびれているようにも見えました。
 レジに持っていくと、店員さんに、
「明日、新しいのが出ますけど…」と、言われました。
 一瞬、何のことかと戸惑いました。
 店員さんの配慮と分かって、
「ありがとう。読みたい記事があったのでこれをいただきます」と、返事をしました。

 店員さんのご親切に再びお礼を言って、ほっこりした気持ちで欲しかった雑誌を手に店を出ました。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2012-09-29 19:51 | わたし | Comments(0)

水路閣 

d0087062_20464369.jpg




 ヴェネツィア展を見た後、せっかく京都に来たのだから、と足を伸ばして南禅寺まで行ってきました。

 京都には、年に何度も出掛けていますが、南禅寺は初めてです。
 一度見たかった南禅寺の水道橋を写真に撮ることができました。煉瓦のアーチに心惹かれるのはどうしてでしょう。


d0087062_20472258.jpg




 このアーチの上を琵琶湖から引かれた水が流れています。
 うーん、思ったよりも濁っていました… ^^;
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2012-09-25 20:48 | 課外活動 | Comments(8)

ヴェネツィア展

 盛夏。
 必要な外出さえ億劫でした ^^;

 勝手なもので暑さの勢いが落ちてくると、どこかへ行きたいなあ、という気持ちがむくむくと湧いてきました。
 このところ外出が続いています。


 京都で開催されていた『ヴェネツィア展』に行ってきました。
 街をテーマにした展覧会とはどんなものかという好奇心とシルクロードの到達点のひとつであるヴェネツィアに何か痕跡がないだろうか、と期待していました。


d0087062_2217326.jpg


 アドリア海の真珠といわれるヴェネツィアの街と歴史の概略を知りました。
 潟「ラグーナ」の上にたくさんの柱を打ち込んで築かれているのだそうです。
 そういえば、ロシアのピョートル大帝が沼地に造った街ペテルブルグは、ロシアのヴェネツィアと呼ばれていたのだと思い出しました。
 街の雰囲気って似ているのでしょうか。行ってみたいなあ。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう


会場は、
[PR]
by h_with_the_wind | 2012-09-24 22:20 | 芸術 | Comments(7)

ダーラヘスト

 スウェーデンの伝統工芸品、ダーラヘスト(ダーラナホース)を買いました。


d0087062_22474174.jpg



 美しい湖と豊かな森林からなるスウェーデン・ダーラナ地方では、昔から林業が盛んでした。
 ダーラヘストは、長くて暗い冬、炉辺に集まったきこり達が材木の切れ端から手慰みに子供のおもちゃとして馬を作ったことが始まりだそうです。


 掌に乗るほどの大きさです。
 鮮やかな赤が可愛らしくて、連れて帰りたくなりました。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう


どこから連れて帰ってきたかというと…
[PR]
by h_with_the_wind | 2012-09-22 22:56 | 課外活動 | Comments(2)

大丈夫 追記

 ひとつ前のエントリーで、申し出を断るのに「大丈夫」と言われたことを書きました。

 その後、日記を整理していて、薬局で初めて私の思っていた使い方と違う「大丈夫」に出会った記事を見つけてしまいました。コチラ→

 そんなこともすっかり忘れていました。
 大丈夫か?私……。
^^;



遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2012-09-21 21:47 | 国語 | Comments(4)

大丈夫! 

 7月末の某日、パソコンが突然、立ち上がらなくなりました。日常生活の慌ただしさと、iPadが思った以上にフォローをしてくれたことから長らく放置していましたが、どうやら致命傷のようで、夫がかつて使っていたパソコンを譲り受けました。

 もう大丈夫! (^♢^)


 そうそうこの『大丈夫』という言葉についてですが…。

 先日、大学の夏休みで長女が友達を連れて帰省しました。夕飯の時に、
「おかわり、どう?」と、聞いたら、長女の友達から
「大丈夫です」という答えが返ってきました。
 その時の態度も合わせて、いらないんだな、と理解できたのですが、何となく引っ掛かりました。

 この使い方、一般的なのでしょうか。あるいは、私に馴染みがないだけで、方言の言い回しなのでしょうか。

 『大丈夫』を広辞苑で引いてみると、①立派な男子。②しっかりしているさま。ごく堅固なさま。あぶなげのないさま。③間違いなく。たしかに。と載っています。
 やっぱり使い方、おかしいね、と思いつつ、インターネットで改めて調べてみました。そしてヒットしたのが、NHKの放送文化研究所のホームページでした。同様の疑問が取り上げられていました。
 飲食店で食事をしている時に店員さんから
「お水、大丈夫ですか?」と、聞かれて抵抗を感じるという方からの投稿が取り上げられていました。長女の友達と同じ使い方をしています。

 このNHKの放送文化研究所のホームページには、『三省堂国語辞典第6版』の大丈夫の2番目に俗語として、「よろしい」「けっこう」の意味があると書かれていました。
 長女の友達が言いたかったのは、「よろしい、けっこう」の使われ方で、
 「(私はお腹がいっぱいなので、おかわりをいただかなくても)大丈夫(けっこう)です」と、いうことなのですね。


 へえー、ほおー、と思いつつ読みましたが、この放送文化研究所のサイト、面白くてついつい読みふけってしまいました。

 あれ?、私が最初に使った「もう大丈夫」も、「OK」の意味ですから、若い子と同じ使い方ですね。
^O^/



遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2012-09-17 21:57 | 国語 | Comments(2)

マカロン♪

 お菓子をつくるのが好きな次女は、マカロンまで作ってしまいます。
 そんな次女が、マカロンが食べたいと言い続けていました。
 それならとても美味しいと噂のマカロンを食べてみようと梅田に出たついでに買って帰りました。こんなのを作ってね、の願いをこめてo(^▽^)o


  ピエール・エルメ・パリのマカロンです。



d0087062_14464323.jpg



 マカロンって、可愛いですね♩
 柔らかくてクリームが濃厚です。
 ピエール・エルメ・パリのマカロンは、さすが噂になるだけのことがあります。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2012-09-11 16:13 | 家庭科(含子育て) | Comments(0)

鳴るかな?

 朝、次女のお弁当を作りながら聴いていたラジオから、
「今日は大阪880万人訓練が行われます」という案内がありました。
 そういえば、そんなことを言っていたなあ、今日だったのか、と思い出しました。

 緊急災害時、一斉に個人の携帯電話に「災害・避難メール」が送られてくるそうで、その試験運用が11時に実施されるというのです。
 かなり強引で、マナーモードにしていても鳴動するそうです。映画館や病院ではお気をつけ下さいとのこと。

 ちょっと迷惑、でも同時に何だかわくわく。



 で、11時。


 同僚の携帯が鳴りました。
「緊急メールだわ」と、いたってレイセイ…!

 わ、私のは……?
 ………
 鳴らない……orz


 あちこちで情報収集したところ(要するに鳴った?と聞いてまわっただけですが…)、携帯電話にメールが届いたのは、12人中ふたりでした。
 もちろん、メールが届いたという友達には、鳴ったら教えてね、とお願いしておきました。


 改めて調べてみると、この受信に対して携帯電話には3種類あるようです。
 自ら操作しなくても自動で受信するタイプ、受信するためには設定が必要なタイプ、そして全く対応していないタイプの3種類です。
 それを知ることができただけでも良かったかな、と思いました。

 今日、たまたま大阪にいて、いきなりの受信に驚いた方もいらしたことでしょうね。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2012-09-05 19:00 | 社会科 | Comments(0)