今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

網走に向けて

 網走に流氷を見に行くつもりが、女満別空港から網走に通じる道が雪で閉ざされてかないませんでした。網走とは反対方向にある北見に避難して一泊することにしました。
 天候に逆らうことはできません。

 朝、ホテルのフロントで列車の運行状況を調べてもらったところ、網走行の列車は定刻通り動いているとのことです。
 早々、荷物をまとめて北見駅に向かいました。

 石北線の下り電車は、時刻表によると1時間に1本です。
 私はバスよりもやっぱり電車が好き!


 かつて周遊券と時刻表を手に、リュックを背負って北海道を旅した日のことが思い出されます。
 時間は永遠に自分のものと思えた若い日が蘇ります。

d0087062_20274646.jpg


d0087062_2028792.jpg



d0087062_2028314.jpg


d0087062_20285216.jpg


d0087062_20291470.jpg




 1時間と少し、移りゆく風景を見ているだけで満足です。
^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう
 
[PR]
by h_with_the_wind | 2014-02-28 20:32 | 流氷を見に | Comments(0)

思いがけず北見にて

 旅の思い出はハプニングが大きいほど、その旅の印象がより深いものになります。
 流氷を見るために大阪を出発したものの女満別空港から網走へ通じる道路が雪のために封鎖されていて、急遽バスで北見まで出ることにしました。


 女満別空港から北見まで、バスは雪景色の中を走っていきます。時折、思い出したように粉雪が舞います。

 北見は、初めての街です。
 学生時代に札幌から網走に向かう石北本線に乗りました。途中で停車した北見駅には、友達のお姉さんが差し入れのためにホームで待っていてくださいました。差し入れのバナナ饅頭と汽車の扉が開いた時、仄かに薄荷の匂いが漂ってきたことが思い出されます。

 少しばかりの感傷と今後の方針も決まらない不安の中、市内のメインストリートに入ったバスは間もなく北見駅の隣にあるバスターミナルに着きました。


 まず、バスターミナルで網走行のバスの運行状況を聞きました。網走への道路は封鎖されたままだそうです。
 続いてJR北見駅で列車の運行について聞いてみました。遠軽行は開通したけれど、網走行は終日不通だと言われました。網走から南下して釧路へ向かう釧網線も不通だそうです。低気圧が徐々にオホーツクへと移っているとわかりました。
 駅員さんは、
「明日は動かせるように頑張っているんだ」と付け加えられました。
 大雪の中で除雪にあたっている人の存在が大きく見えました。


 北見で一泊することに決めて、駅前のホテルに飛び込みました。
 幸い空室があってすぐにチェックインできました。
 旅装を解いてようやく、ここまでやって来られたことが奇跡に思えてきました。

 とはいえ、まだ午後の早い時間。雪も止んだので、街を歩いてみました。

d0087062_2229925.jpg


 北見に記した足跡は、浮き上がって見えます(笑)。

 湿気の少ない雪はサラサラしていて風が吹くと舞いあがります。
 道路の雪は歩道側に寄せられ山を作っています。歩道にもママさんダンプの幅の一筋の道ができています。

d0087062_22294725.jpg



 駅近くにある可愛らしい『北見ハッカ記念館』と『薄荷蒸留館』を見学しました。昭和10年に研究所として建てられた『北見ハッカ記念館』は、入ってみると見た目以上にしっかりとした造りの建物で、それだけで冬の厳しさが想像できました。
 これから北見の地名を聞くと、友達のお姉さんとバナナ饅頭、それに『北見ハッカ記念館』の外観を思い出すことでしょう。
^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう
 
[PR]
by h_with_the_wind | 2014-02-26 22:35 | 流氷を見に | Comments(0)

May Return

 バレンタインデーの週末、中部から関東にかけて豪雪をもたらした嵐は、週が明けて、東北から北海道へとじわじわと進んで行きます。低気圧の動きから目が離せません。
 私は流氷を見に網走まで行く予定です。


 当日。大阪は、寒いけれど快晴。
 とりあえず空港まで行ってみました。チケットレスの便利な時代になりましたが、念のためカウンターに寄って確認をとりました。
 冬の期間、大阪から女満別への直行便はないので、千歳空港で乗り換える予定です。

 千歳行の便は出発するけれど、天候次第で大阪まで戻ってくることもあり得るといいます。また千歳空港から女満別空港への朝の便は、空港周辺が悪天候のため欠航になり、私が乗り継ぎで予定しているお昼の便は現在運航を調整中とのことです。

 札幌まで行けるのか?
 札幌へ着いたとしても女満別まで行けるのか?
 女満別から網走までバスは出ているのか?

 いくつかのパターンを天秤にかけ、直前までチェックし続けた天気図を考慮して決めました。
 東京で降ろされることを思えば大阪まで戻ってくるというのだから、日本列島大遊覧飛行もまたいいかも…。
 「千歳まで行きます!」

d0087062_20514398.jpg


 眼下に広がる日本アルプス。

 戻ってくるかもしれないという条件がついていたことなど嘘のような快適なフライトでした。あっけないほどに普段と変わらず、飛行機は千歳空港に着陸しました。
 冬の北海道。何年振りでしょう。十何年振り?いえいえ何十年振りです!

 久しぶりの冬景色に気分は高揚していますが、ここが今日の最終目的地ではありません。
 千歳空港で飛行機を降りて、最初に出会った航空会社の人に女満別行の便について尋ねました。手早く情報をチェックして、搭乗案内が始まったことを教えてくださいました。

d0087062_20521935.jpg



 またしても条件付きです。天候が悪ければ千歳まで戻ってくるということです。
 その上、封鎖されていた北見行の道路は開通したものの、網走への道路は通行止めが続いているといいます。
 千歳で一泊もまた楽し♪

 「乗っちゃえ!」
 小さな飛行機は思った以上に安定していて、無事に女満別に到着しました。

d0087062_2053798.jpg


 今度は空港の観光案内所に直行しました。
 網走への道路は通行止めが続いているけれど、「宇登呂」と「北見」へ行く連絡バスは動いていると教えてもらいました。
 北見に行って一泊しよう♪

 千歳空港で買ったお弁当。
 飛行機が揺れたら食べられないかもしれないとお箸もつけずにいましたが、バスの中で手早くお昼ご飯にしました。
 お腹がいっぱいになったところで再び思案。
 さて、今夜の宿も決まっていません。どうしましょう。
^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう
 
[PR]
by h_with_the_wind | 2014-02-25 20:58 | 流氷を見に | Comments(0)

バレンタインは、雪

 深夜に降り始めた雪は止むことを知らず、次々と空から落ちてきます。

d0087062_2158753.jpg




^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう
 
[PR]
by h_with_the_wind | 2014-02-14 21:59 | 季節の中で | Comments(0)

今夜はボルシチ

 寒い朝。
 朝から、録画しておいたソチオリンピックの開会式を見ました。

 ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議してアメリカや日本が参加しなかったモスクワオリンピックのこと。
 いくつもの共和国の独立を許しロシアとなったこと。
 未だ抱える民族問題。

 思いはあちこちに飛びましたが、入場してくる選手の笑顔を見ているとスポーツの祭典が無事に開幕して良かったな、という単純なところに集約されていきました。
 そして、ロシアの文化と歴史を紹介するパフォーマンに魅了されていきました。

 と、いうわけで今夜はボルシチです。
 心も体も温まりました(笑)
^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう
 
[PR]
by h_with_the_wind | 2014-02-08 22:10 | わたし | Comments(0)