今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。

by 風懐

<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

興浜線

 司馬遼太郎さんの『街道シリーズ38・オホーツク街道』。
 モヨロ貝塚のことが知りたくて読み始めた紀行で、昔から疑問に思っていたことが解決しました。


 回り道します。
 JRが国鉄だった頃、北海道には函館本線や室蘭本線といった本線から延びる支線がたくさんありました。鉄道路線を恐竜の骨格にたとえるなら、肋骨や大腿骨にあたる本線は今も残っていますが、小さな骨はJRとして分割された途端に風化してしまいました。

 国鉄が風前の灯となった頃、『カニ族』最後世代の私は、北海道の周遊券を手にオホーツクへと向かっていました。
 目的は、興浜線の制覇です(今なら乗り鉄の「鉄子」と言われるかな)。

 興浜線は、国鉄が計画していた興部(おこっぺ)駅と浜頓別(はまとんべつ)駅を結ぶ路線です。一部区間が興浜南線・興浜北線として開業したものの、全通することなく廃止されました(Wikipedia参照)。

 興浜南線は、オホーツク海沿いの町・紋別より更に北にある興部から雄武(おうむ)まで北上していました。興浜北線は、稚内からオホーツク海に沿って南にある浜頓別から南下して北見枝幸へと通じていました。当初の予定では、南北両側から線路を敷設して中央で繋がるはずでした。
 私が興浜線の存在を知った当時、中央部の未完成区間約50Kmは宗谷バスが運行していました。
 とにかく行ってみたいと思いました。

 興部を出発した私の小さな旅の望みは、残念なことに連絡が悪く、そして残念なことに連絡が良く、呆気なく達成されました。
 連絡が悪いというのは、そもそも興浜南線も興浜北線も一日の本数が少なくて選ぶことができませんでした。
 逆に連絡が良いというのは、電車とバスの連絡が良かったため雄武も北見枝幸も駅前を散歩する時間もなく乗り継ぐしかなかったことです。
 たった一両で走るローカル線は地元の方ばかりで、車窓から見えるオホーツクの寄せては返す波を見ながら、
「いつかは全通するのだろうか」
「将来、全線開通したら、かつて途中でバスに乗り換えたことを子どもたちに話す日がやってくるのかもしれない」
 呑気にそんなことを思っていました。
 それにしても乗降客の少ない車中にあって、
「大きな町を結ぶというわけでもなさそうなのにどうして鉄道の敷設が計画されていたのか」、という理由がわかかりませんでした。


 それが「かねてから疑問」に思っていたことです。
 司馬遼太郎さんの『街道シリーズ38・オホーツク街道』の中にヒントがありました。
 オホーツクに注ぐ川の河口で金が取れた、という記述でした。また、オホーツク海を挟んで、樺太があったということを思い出させてもらったからでした。
 昭和初期に興浜線の計画ができた時代背景を思うと、あながち間違いではないのではないかと思っています。
 金が採れるらしいという噂。
 樺太へ行くための中継地点。
 もしかしたら、オホーツクの海沿いにたくさんの人が集まったのかもしれません。
^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2014-05-30 21:47 | 思い出話 | Comments(0)

オホーツク人 

 司馬遼太郎さんの『街道シリーズ38・オホーツク街道』を読みました。
 ここに私の求めていた網走のモヨロ貝塚について詳しく書かれていました。

 網走のモヨロ貝塚からは、縄文系やアイヌとは異なる文化、異なる骨格が出てきたのだそうです。
 どうやら大陸から樺太を経てオホーツクにやってきた民族があるようです。候補にいくつかの民族があげられるようですが確定はなく、ざっくりとオホーツク人という言葉が充てられています。もしかしたら単一の民族だけとは限らないかもしれません。

 シベリア遊牧民が海獣を追って北海道にやってきたのでしょうか。
 日本列島という極めて閉鎖的な視野で見た時に、北海道の東岸オホーツク海に面した地域は、最果てのイメージがつきまといます。
 視野を広げるとオホーツク海の背後には、司馬遼太郎さんが指摘されるように樺太、ロシアの沿海州から広大な北アジア、中央アジア、ハンガリー高原と繋がっていきます。

 幼少の頃、近くの畠で石の刃物を見つけたことから考古学へ傾倒し、網走で貝塚を発見した米村喜男衛さんの生涯をドラマチックだと感じましたが、更に広い世界へと導かれていきました。
^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2014-05-29 19:20 | 本の話 | Comments(0)

モヨロ貝塚 

 この冬に網走へ行きました。
 網走で目についたのが、「モヨロ貝塚」という観光案内でした。「モヨロ」とのカタカナの表記、聞きなれない単語。アイヌの貝塚でしょうか。
 この時は、生憎の天候で充分な時間がとれず、「モヨロ貝塚」には行くことができませんでした。(この時の経緯はコチラ → 


 なんとなく耳に残った「モヨロ貝塚」。
 なんだろうなあ、と気にしながら日常生活に戻って行きました。

 後に、大きな書店に行く機会を得て、ふと週刊朝日に長い間連載されていた司馬遼太郎さんの『街道シリーズ』を思い出しました。
 探してみると、『街道シリーズ38』に『オホーツク街道』がありました。

 そこには、これまでと違った世界観が現れました。

^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2014-05-25 22:25 | 本の話 | Comments(0)

お城

 大阪に突然現れた西洋式のお城の尖塔。

d0087062_21151543.jpg



 USJの新しいアトラクション、ハリーポッターのお城です。

 小説の醍醐味は「想像の翼を広げられる」ことにある、と私は思っています。
 小説を読んで抱いたイメージとお城の尖塔は似ているでしょうか。
^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2014-05-23 21:15 | 課外活動 | Comments(0)

想像の翼 

 「想像の翼を広げて…」
 NHKの連続テレビ小説、「花子とアン」で、主人公がしばしば口にする言葉に共感しています。
 小説は、私をいつも新しい世界へと連れていってくれます。

 まだ学校と家しか知らない子供の頃、自分の知っている世界では計ることのできない描写に戸惑ったものです。
 読んだ本に出てきた「はしばみ色の瞳」がどんな色かわかりませんでした。
 ジェーン・エアに登場する「荒涼とした風景」もよくわかりませんでした。


d0087062_2034267.jpg



 写真の風景にジェーン・エアを思い出しました。

^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2014-05-22 20:34 | 本の話 | Comments(2)

桜の園

d0087062_21185679.jpg



 チェーホフの「桜の園」を連想した風景です。


 「十日の菊 六日の菖蒲」ならぬ「五月の桜」(笑)
 北国の桜ももう葉桜になっていますよね。


 と、こっそりブログを再開 ^^;
^0^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by h_with_the_wind | 2014-05-21 21:20 | 季節の中で | Comments(2)