<   2015年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

インビクタス

 I am the master of my life,
 I am the captain of my soul.

 我が運命を決めるのは我なり
 我が魂を制するのは我なり

 イギリスの詩人ウイリアム・アールスト・ヘンリーの詩「インビクタス」の一節です。インビクタス(Invictus)とは、ラテン語で「征服されない」とか「屈服しない」という意味です。

 映画「インビクタス/負けざる者たち」を見ました。
 2009年に公開されたクリント・イーストウッド監督のアメリカ映画です。


 映画は、若者たちが整ったコートでラグビーボールを追いかけている場面から始まります。カメラがゆっくり左に移動すると、道路を挟んだ原っぱでは裸足の黒人少年達が裸足でサッカーをしています。
 やがてラグビーコートと広場の間にある道路を車が走ってきます。その車にはネルソン・マンデラが乗っていました。

 反アパルトヘイト運動に身を投じ、反体制活動家として27年間監獄に投じられたネルソン・マンデラは、1990年に釈放された後南アフリカ初の黒人大統領になりました。
 これまで政府の主要ポストにあった白人たちは、報復人事を恐れて辞任しようとしますが、マンデラ大統領は「力を貸して欲しい」と彼らを慰留します。

 主要な政治案件に加えて、マンデラはラグビーの発展に力を注ぎます。
 マンデラは、ラグビーをアパルトヘイトの象徴だと言います。白人は南アフリカ共和国の代表ラグビーチーム「スプリングボクス」を応援するのに対して、黒人たちはそれがどこの国であっても相手チームを応援するといいます。
 成績が低迷している「スプリングボクス」を1995年に南アフリカで開催されるワールドカップで優勝させようと大統領自らが乗り出してバックアップします。
 ラグビーでなければならない、と言い切るマンデラの願い通り、スポーツが国民の間にある溝を埋める役割を果たしてくれるのでしょうか。

 国民がひとつになるというのは、容易なことではありません。増して、アパルトヘイトという過去を持つ国が乗り越えなければならない壁は厚くて高いものです。
 相手の存在を「認める」こと、
 相手の行いを「赦す」こと、
 スポーツがもたらす一体感は、私たちを寛容にする妙薬かもしれません。
^O^/

遊びに来てくださってありがとう♪

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-04-29 15:35 | 芸術 | Comments(0)

日常生活の小さな変化

 子供の成長と共に私の生活も変化してきました。
 幼稚園に通うようになればお弁当作りと送迎。
 中学生になれば登校にあわせての起床。

 小さな変化でもそれに合わせて対応してきました。
 食生活も同様です。
 長女が幼稚園に入った頃、ご近所さんに教えてもらって週一回野菜の宅配をお願いしてきました。家族3~4人向けに旬の野菜を自宅まで届けてもらうシステムです。幼い子供を連れての買い物は結構大変なもので、とても助かりました。決まった日に新鮮な旬の野菜が届くのは、育ち盛りの子供にとってもより良いことと満足していました。

 毎年、筍をアク抜きしたり、栗ご飯の支度をしたり食と季節が一体になっていました。


 次女が家を出てしまうと家族3~4人分の野菜は多すぎて、一番小さなパックに変更してもらいました。ところが、夫の出張や外食が入ると次の野菜が届くまでに消化しきれません。

 この辺りが潮時かな。
 でも、長年の習慣を変えられるかな。
 迷っています。
(-_-*;ウーン

遊びに来てくださってありがとう♪

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-04-27 19:26 | 家庭科(含子育て) | Comments(0)

ネギの花 

 もうすぐ咲くのかな?

d0087062_222457100.jpg


^O^/

遊びに来てくださってありがとう♪


似ているのかな?
[PR]
by H_with_the_wind | 2015-04-25 22:26 | 季節の中で | Comments(0)

御堂筋

 「この街は大きくなる」
 そうは言っても、大正時代に24間幅の道路を作るのは、勇気が必要だったことでしょう。

d0087062_1945011.jpg


 渡るのも大変!(笑)
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-04-24 19:06 | 社会科 | Comments(0)

センナヤ広場

 彼は広場のまん中に跪いて、地面まで身をかがめ、歓喜と幸福とを感じながら、そのきたない土に接吻した。
「罪と罰」(ドストエフスキー著 中村白葉訳 岩波文庫)より


ラスコールニコフが大地に接吻したペテルブルグのセンナヤ広場です


d0087062_1159283.jpg


 現代とドストエフスキーの生きた時代では、センナヤ広場の雑踏も異質のものでしょう。
 ドストエフスキーは、この小説の中でセンナヤ(干し草の意味)広場を描写しています。

 「神さまが、あなたさまをお守りくださいますように!」こういう女乞食の泣くような声が聞こえた。
 人ごみの中で、一人の酔漢があばれ騒いでいたー彼はしきりに踊りたがっていたのだが、何べんでも倒れてばかりいるのだった。
「罪と罰」(ドストエフスキー著 中村白葉訳 岩波文庫)より



 雑踏の中でふいにラスコールニコフは、ソーニャの言葉を思い出します。

 「四つ辻へ行って、みんなの人にお辞儀をして、地面に接吻なさいまし、あなたは地面に対しても罪を犯しなすったんですから。そして大きな声でみんなの人に向かってー『わたしは人殺しです!』とおっしゃいまし。」
「罪と罰」(ドストエフスキー著 中村白葉訳 岩波文庫)より




 ラスコールニコフが大地に接吻をする姿を見た群衆は、彼を揶揄する言葉を投げかけます。
 ラスコールニコフは、もう一度大地に接吻した時、物陰に隠れて彼の行為を見守っていたソーニャの姿を認めます。
 「罪と罰」の重要な場面は、バスの車窓から見るだけでした。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-04-23 12:00 | 本の話 | Comments(0)

中之島図書館 

d0087062_20444356.jpg


 ネットではわからないことを知りたくて、中之島図書館に行ってきました。
 そして、がっかり。

 中之島図書館は、地域資料とビジネス支援サービスに特化していました。
 中之島図書館の蔵書の大半は、1996年、東大阪市に開館した大阪府立中央図書館に移設されたのだそうです。

 多分、書籍は取り寄せてもらえることでしょう。
 だけど、ピンポイントで書籍名を指摘できないし、再度出かけることができるかどうかもわかりません。


 「本屋を見れば、その国の将来がわかる」というのは、池上彰さんの言葉だそうです。街に大きな本屋があり、そこに若者がたくさん集まっているかどうかがその国の将来の指標になると言います。

 図書館の役割は書店とは異なりますが、その国の将来を占うといった意味では同じかと思います。
 絶版になった書籍や資料といった社会の財産を保存し、開放して共有するのが図書館の役割です。
 どんなに立派な図書館があったとしても、利用できない、利用しにくいでは宝の持ち腐れです。一箇所に集約するのであれば、地域に支所を点在させて誰もが利用できるようにするべきではないかと思います。
(-_-*;ウーン

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-04-22 19:39 | 社会科 | Comments(0)

気になる木

d0087062_861972.jpg



^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-04-19 23:59 | 課外活動 | Comments(0)

不器用です

 私は、私が不器用だと知っています。
 細心の注意を払ってようやく人並みだと思っています。

 家事の範疇にはいる用事は取り立てて大層なものではありません。
 銀行でお金をおろして、郵便局の別口座に入金する。クリーニング店でスーツを受け取って、本屋さんで新刊を買う。車にガソリンを入れて最後にスーパーで買い物。

 買い物のついでにできることばかりですから、一度の外出で効率よく用事を済ませたいと思います。
 ざくっと順番を考えます。
 他に取りこぼしはないか、とかルートはこれでいいか、と考えながら顔を洗い終えて、シミュレーションは完璧。

 で、左手にリキッドタイプのファンデーションをとって…。
 絶句。
 順番間違えた!
 化粧水、まだだった!


 左の手のひらにはすでにファンデーションが…。
 一回分、無駄にする!?
 それとも…、
 化粧水なしで塗る!?

 右手だけで化粧水をつけられたってことは、ホントは器用なのかもしれません。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-04-17 17:54 | わたし | Comments(0)

花散らしの雨  

 春に3日の晴れなし、といいますが、例年に比べると雨の日が多いような気がします。
 花散らしの雨。
 時折、バラバラと雨粒が窓に当たる音がします。

 私はそんなに桜が好きだったっけ!? と、思うほど、今年は桜の花を見に出かけました。それも「この日を逃すと雨になります」、そんな天気予報の声に背中を押されたからかもしれません(笑)。
 今年、私が見た桜の花は、もう散ってしまったのでしょうか。


 暖房のお世話になるほどではないけれど、座っていると足元がどうも頼りなく寒さを感じます。
 こんな日は、まだ熱燗がよかったかな(笑)

d0087062_15295248.jpg


^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-04-14 15:30 | 季節の中で | Comments(0)

造幣せんべい

 造幣局の「通り抜け」は、文字通り南門から北門への一方通行。関所(入園券等チェック)なしの通り抜けです。

 桜の花を楽しんでするりと帰宅するといいのでしょうが、北門出口手前の貨幣セット等臨時販売所を見つけてつい寄り道してしまいました。
 のぞいてみると、お役所らしく商売気は感じられないものの、平成27年銘の未使用の硬貨6種類(1円、5円、10円、50円、100円、500円)のセットや記念メダル、絵葉書を売っています。
 今年という年やこの通り抜けに特別な思い入れがあると買ってしまいそう♪

 といいつつ記念におせんべいを買いました。
 6種類の硬貨が2枚づつ入っていましたよ。

d0087062_10583516.jpg


 ヒビの入った500円硬貨、それもご愛嬌♪
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-04-13 10:59 | 課外活動 | Comments(0)