<   2015年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

コップのふちの太陽の塔

d0087062_15412788.jpg


 どこ、登ってるの!
  と、叱って、
 振り向いたのは…





d0087062_15381123.jpg


 その表情が幼い子供のようで、笑ってしまいます。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-05-28 15:42 | 芸術 | Comments(0)

大きな木

「大きな木」なんとも子供じみたタイトルですが。


箕面の滝道は、子供の頃から何度か歩いた道です。
一番古い記憶は両親に連れられて、
次の記憶は学生グループで、
そして子供の手を引いて…
ああ、友達と「恋ばな」をしながら歩いたこともあります。

どこまで歩くのかと山道に閉口した子供時代、
話に夢中で脇目も触れずに歩いた青春時代、
娘の足元を気にしながら歩いた子育て時代。


ふと気が付くと、夫とふたり。
それぞれにカメラを持って、
待ったり、待たれたり、
ゆるゆると歩いていました。

そうするとこれまで見えていなかった風景が見えてきました。
この滝道を守っている人がいることに気がつきました。

すっくと天に伸びた大きな木。
この木は、もしかしたら私の子供時代を知っているのかもしれない、
山の木の妖気に触れた気がしました。

d0087062_19483210.jpg


^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-05-26 19:49 | わたし | Comments(0)

箕面の滝道

 もみじの天ぷら、美味しくいただきました。
 もちろん、せっかく箕面まで行ったのですから、もみじの天ぷらだけではもったいない!

 この日はお天気が崩れてくるとの予報でしたので、いつでもUターンする覚悟でしたが、とうとう滝まで歩いてしまいました。
 阪急箕面駅から滝まで片道2.8キロ、青もみじを堪能しました。

d0087062_12254113.jpg


^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-05-25 12:26 | 季節の中で | Comments(0)

もみじの天ぷら 

 もみじの天ぷらを食べたことはありますか。
 大阪北部にある箕面山は、1300年前修験道場だったそうで、修験者に振舞ったのが始まりだそうです。

d0087062_1929103.jpg



 カリッとした食感とほのかな甘味についつい手が伸びてしまいます。
 北野天満宮の青もみじに浸って、思い出したのが「もみじの天ぷら」でした(笑)。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-05-24 19:29 | 家庭科(含子育て) | Comments(0)

青もみじ2

 京都北野天満宮の梅苑は有名ですが、もみじ苑の紅葉も見事です。
 今年、新緑のもみじを公開して欲しいとの要望に応えて、初めて青もみじが公開されました。このもみじ苑には、豊臣秀吉が洛中洛外の境界と水防を目的に京都の四囲に築いた「御土居」の一部が残っていて、もちろん見ることができます。

d0087062_15113682.jpg


 私が行った日は、日中気温が上がり少し歩いただけで汗ばむほどでしたが、緑陰に入ると爽やかな風が通り過ぎて行きました。
 いよいよ勢いを増した若葉の層に圧倒されました。

※期間限定で5月31日(日)まで公開中です。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう


知っている歌の歌碑があると嬉しくなります♪
[PR]
by H_with_the_wind | 2015-05-22 23:59 | 課外活動 | Comments(0)

青もみじ

d0087062_21474215.jpg



^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-05-21 23:59 | 季節の中で | Comments(0)

ぼくは6つになった

         ぼくは6つになった
                         A.A. ミルン

      1つのときは なにもかも はじめてでした。
      2つのときは ぼくは まるっきり しんまいでした。
      3つのときは ぼくは やっと ぼくになりました。
      4つのとき  ぼくは おおきくなりたかった。
      5つのときには  なにからなにまで おもしろかった。
      いまは6つで  ぼくは ありったけ おりこうです。
      だから いつまでも 6つでいたいと ぼくは おもいます。


 義父からの手紙に引用されていたミルンの詩です。
 児童心理をよく表しています。子供の成長は年代により、あるいは、個人の成熟度により、つぎつぎと顕著に変わっていくものらしい。とコメントがあります。


 ぼくがぼくになる3歳は、大人にとっては反抗期。
 でもでも、ぼくにとっては……いろいろ気になることや確かめたいことがあって大人に付き合っているヒマなんてないんです。
 そんな3歳児の声が聞こえてきそうです(笑)


※A.A. ミルンは、くまのプーさんの原作者です
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-05-18 16:42 | 家庭科(含子育て) | Comments(2)

ランチ

 ご近所のお友達とランチしました。
 皆さん忙しくされていて、約束したのはまだ寒風吹く頃。
 ようやく実現してお喋りとおいしいランチに大満足です。

d0087062_18593747.jpg


^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-05-16 18:57 | 課外活動 | Comments(0)

義父からの手紙

 このところ毎日少しずつ主人の亡き父の言葉を聞いています。

 結婚した時から義父は私たちに手紙を書いてくださいました。
 大病後のリハビリを兼ねてとのことで、最初はワープロ、後にはパソコンでB5版の用紙にびっしりと綴られています。
 義父の生い立ち、孫が産まれた時の感想、哲学的なこと、社会への思い…。

 返事は無用との言葉に甘えて、ろくにお返事もしないままでした。実際、お返事できる技量も時間の余裕もなかったのですが…。
 すべての手紙を重ねると12cmあります。

 手紙。
 読み返すとその時の空気が蘇ってきます。
 手紙を書かれた時の義父の年齢に近づいてきたせいか、ひとつひとつの文章に込められた思いが染みてきます。
 もっとちゃんと向き合ってお話できれば良かったのになあと一抹の寂しさを覚えます。

 義父の手紙をすべて電子ファイルにしたら、次は実家の両親が残したノートを読み返したいと思っています。言葉の重みをしっかり受け止めるためには、咀嚼する時間が必要です。
 だから、少しずつ少しずつ…。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-05-14 21:26 | 家族 | Comments(0)

若葉

 若葉の勢いには圧倒されます。

 近所のお嬢さんと帰路が一緒になりました。
 ご一家が引っ越して来られた時には、まだ小学生だったお嬢さん。彼女から挨拶をしてもらわなければ、わからなかったかもしれません。
 中学の制服を着ていた頃には思春期特有の伏し目がちで、あれこれ話しかけるのもためらわれました。

 今日の彼女からはそんな片鱗は微塵も感じられませんでした。
 身長も私と変わらず、まっすぐ私を見る目は自信に満ち、笑顔がとても素敵です。
 聞けば、今年、大学に入学したのだそうです。
 若さって眩しいものだな、と実感しました。

 私の単調な日々は歩くスピードで流れていきます。
 今日出会った近所のお嬢さんや私の娘たちの一日は、高速で過ぎていくのでしょうね。
^O^/


遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2015-05-12 17:00 | わたし | Comments(0)