<   2016年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

横浜と神戸

d0087062_17501374.jpg


 横浜と神戸をマンホールで比べるのもどうかと思いましたが…(笑)
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-01-29 17:50 | 課外活動 | Comments(2)

神戸中華街

 もうすぐ春節。
 「南京町」と呼ばれる神戸の中華街でも春節の準備が始まっています。

d0087062_1847147.jpg


d0087062_18472193.jpg

^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう


南京町のコンビニ
[PR]
by H_with_the_wind | 2016-01-28 18:49 | 課外活動 | Comments(2)

ランチクルーズ 2


d0087062_1728565.jpg

神戸メリケンパークを出航すると、ポートアイランドへと続く赤い橋が見えます。



d0087062_17292875.jpg

ポートアイランドの更に沖合に浮かぶ人工島・神戸空港を過ぎると
摩耶山とその向こうに連なる六甲の山並みが見えてきます。



d0087062_17295161.jpg

正面の山は大阪と奈良を分ける生駒山。山の向こうは奈良県です。
手前の高い建物は、大阪府咲洲庁舎(旧ワールドトレードセンタービル)でしょうか。



d0087062_17301146.jpg

穏やかな大阪湾をゆっくりと船は進みます。
少し雲が出てきましたが、海面が銀色に輝いています。



d0087062_1730373.jpg

明石海峡大橋。
橋の左側が淡路島。右側が明石です。



d0087062_17305653.jpg

一ノ谷の戦いがあった須磨のあたりではないかと思います。



d0087062_1731171.jpg

明石海峡大橋はみるみる遠ざかり、クルージングは終わりました。

^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-01-27 17:33 | 課外活動 | Comments(0)

ランチクルーズ 1 

 内祝いにカタログをいただくことが多くなりました。
 カタログは見ているだけで楽しいものですが、いざ何かを選ぶとなると迷うものです。
 今回は、こんなチャンスでもないときっと経験できないだろうね、ということでランチクルーズを選びました。

 予約した日は、奄美市で115年振りに雪が観測されました。
 近畿の平野部でも雪が降るかもしれないという予報でしたが、寒気は強いものの青空が広がる穏やかな一日でした。

d0087062_17133044.jpg

d0087062_17102277.jpg


^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう


お料理はコチラへ
[PR]
by H_with_the_wind | 2016-01-26 17:54 | 課外活動 | Comments(0)

いちごみるく 

 「いちごみるくって、何か懐かしい。好きなんよねえ」
 突然、長女が言った時、思い当たることがありました。

d0087062_18471457.jpg



 長女が2歳くらいの頃でしょうか。
 当時住んでいたマンションの管理人さんは、幼い子供を見かけると、ポケットからキャンディーを取り出して、子供の手に載せてくださいました。それが『いちごみるく』でした。
 始めて貰った長女は、思いがけないプレゼントに顔を上気させ、私の顔を笑顔で見上げました。私が笑って頷くと、拙い口調でおじさんに「ありがとう」を言いました。
 管理人さんもお孫さんと同じ年頃の子供たちが可愛らしくて仕方がないといった笑顔でした。


 子供たちは、正直です。
 管理人さんがキャンディーをくれる人だということをすぐに覚えます。中には、管理人さんを見つけると駆け寄っていく子供が出てきました。
 管理人さんにもらうキャンディーが原因で虫歯になったら困るから避けていると言うお母さんがでてきました。
 やがて、管理人さんは定年でマンションから去っていかれました。
 ほんの短い時間の出来事でした。


 長女にそんな話をしました。
 長女は、管理人さんとの交流は記憶にないといいます。
 だけど、『いちごみるく』には、他のお菓子にはない魅力があるといいます。
 面白いな、と思いました。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-01-25 18:48 | 思い出話 | Comments(2)

獣の奏者

 上橋菜穂子さんが、2015年本屋大賞を受賞された「鹿の王」が気になっています。文庫になるのを待っています。
 それでいて待ちきれず、上橋菜穂子さんの既刊本「獣の奏者(Ⅰ~Ⅳ、外伝)」(講談社文庫)を読みました。
 日頃は、ファンタジー小説と無縁の私ですが、夢中になってしまいました。
 こんなお話が書ける人になりたかったなあ、と憧れの気持ちさえ抱きながら読みました。


 紙と車輪は発明されていたけれど、ロウソクと薪でエネルギーを得ていた時代。
 王獣をシンボルとする真王を、大公が闘蛇軍を率いて守護しているリョザ神王国。

 リョザ神王国の闘蛇村で母と暮らす少女エリンは、闘蛇を死なせた罪に問われた母を失います。自らも命の危険に晒されたエリンでしたが、蜂飼いのジョウンに救われて成長し、やがて獣の医術師を目指すようになります。
 疑問に思ったことを納得するまで調べ、母の教えやジョウンとの生活で経験したことを活かし、更に思考を加えて実証していくエリンは、やがて凛としたひとりの女性へと成長していきます。

 架空の世界ではあるけれど、正確な知識によって裏付けされた作品は、植物、動物、医療、習慣、さまざまな分野において作者の丁寧な調査が必要だったことと想像します。
 精緻な描写は私をリョザ神王国へと運び、人の気持ちを大切にする作者の手によってより豊かに広がっていきました。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-01-22 21:31 | 本の話 | Comments(0)

清水の舞台

d0087062_19284414.jpg


 堂々した美しさ。
 いつ来てもそこにある安定感。

 この姿を継承してきた人たちのこと、意識したいと思います。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-01-18 19:29 | 課外活動 | Comments(0)

お土産

 壺の中身は何だろうな!?

d0087062_1543102.jpg


 夫のお土産は…、
 タコツボ?
 梅干?
 まさかの峠の釜飯?

 神戸フランツ「神戸魔法の壺プリン」でした。
 神戸は、やっぱりオシャレやわあ。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう


開けてみると…
[PR]
by H_with_the_wind | 2016-01-16 15:44 | 家庭科(含子育て) | Comments(2)

お雑煮

 お雑煮は、丸餅の白味噌仕立て。
 鶏肉と里芋、輪切りにした大根と人参に三つ葉。

 今年は義母の体調を考慮して、すまし仕立てにしてみました。
 いつもと少し違うお正月です。

d0087062_18274061.jpg


^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-01-03 18:28 | 季節の中で | Comments(0)

おめでとうございます

 明けましておめでとうございます

d0087062_765773.jpg


 今年もよろしくお願いします。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-01-01 07:08 | 季節の中で | Comments(2)


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧

最新のコメント

✩さくらさん ホント、..
by H_with_the_wind at 16:26
木陰のベンチやラグで読書..
by さくら at 01:03
✩チェイルさん ありが..
by H_with_the_wind at 19:06