<   2016年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

海峡の鎮魂歌(レクイエム)

 函館を舞台にした小説「海峡の鎮魂歌(レクイエム)」(熊谷達也著 新潮文庫)を読みました。
 岩手県種市で生まれた泊敬介の父は、息子が2歳の時に家族と共に函館に渡り故郷で取得した技術を活かして潜水夫として働きます。
 成長した敬介は、父の下で潜水の技術を学び共に働くようになりますが、潜水夫としての自覚が芽生えた頃、父が亡くなります。敬介は、父が残した船や潜水器具と一緒に潜水組を引き継ぎます。
 5年後の昭和9年、函館を大火が襲います。妻子と母を探し歩く敬介もまた九死に一生を得ます。
 さらに昭和20年の空襲、昭和29年の洞爺丸沈没が敬介を襲います。

 実際に函館であった3度の災いを作者は、残酷なほど生々しく描写しますが、同時に人間は逞しいものだと訴えてきます。
 失った者への悔恨と慟哭の中、支え合える人との出会いが敬介に生きる希望の火を灯してくれます。支えているつもりが支えられている、時を重ねて強くなる人と人の絆に胸が熱くなりました。
 潜水夫として海と共に生き、海のことを知り尽くした敬介の過酷な人生にどうぞ心穏やかな日がやってくるようにと願いながら読み進みました。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう


ネタバレかも…
[PR]
by H_with_the_wind | 2016-03-31 21:51 | 本の話 | Comments(2)

咲こうかな?

d0087062_2201835.jpg


^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-03-30 22:01 | 季節の中で | Comments(0)

うなぎと桜えび

 静岡では、是非、うな重と桜えびのかき揚げ丼を食べたいと思っていました。

d0087062_1984233.jpg


 まずはうな重を…。
 もう最高!
 ふっくらとしていて柔らかいうなぎに甘いタレがよく合っています。
 ふっくら感は、うなぎを蒸す関東風の調理方法によるものでしょうか。


d0087062_1985852.jpg


 由比産の桜えびを使用したかき揚げです。
 油っぽさがなくて食べやすいと思いましたが、関西人の私には醤油の味が立ち過ぎてお茶のおかわりが必要でした(笑)。

 でも、旅の楽しみはその土地でしか味わえないものとの出会いです。
 充分に堪能させていただきました。
 ごちそうさまでした。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-03-29 19:10 | 静岡2016 | Comments(0)

富士山

 初めての静岡、二日目は快晴。
 富士山の全景が見たくて浜松から清水に移動しました。

 浜松から鈍行(死語?)に乗ると、前方左手に富士山の頭が見えたり隠れたりします。
 各駅停車の旅の楽しみは、乗客が地元の人ばかりで、その土地の生活が垣間見えることでしょうか。富士山が見え隠れしても誰ひとり表情が変わりません。そこに山があることが当たり前の生活とは、そういうものなのでしょう。
 浜松を出て1時間半後、清水に到着しました。
 
 有名な三保の松原へは、清水駅からバスに乗る、とガイドブックに書いてありましたが、水上バスでも行くことができるようです。

d0087062_1973572.jpg


 富士山を見ながら釣り糸を垂れる、何が釣れるのでしょう。そんな風景も私にとっては最初で、きっと最後です。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-03-28 19:07 | 静岡2016 | Comments(0)

浜名湖

 新幹線で大阪から東京へ向かう時の半分あたり、ちょっと退屈した頃、左手に見えるのが浜名湖です。反対側には穏やかな太平洋が広がっています。
 浜名湖は、海水と淡水が混じった汽水湖です。

 奥浜名湖でサンセットクルージングを楽しみました。
 夕方の風はまだ冷たいけれど、船室でじっとしていることはできません。刻々と変化する湖の表情に引き込まれてしまいました。
 西の空に垂れこめる雲のため、沈み行く太陽を確認することはできませんでしたが、美しい夕景を堪能しました。

d0087062_19103086.jpg


^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-03-25 19:11 | 静岡2016 | Comments(0)

エアーパーク 

 浜松のガイドブックに必ず登場するのは、エアーパークです。
 エアーパークは、航空自衛隊浜松基地に隣接する広報館のことで、テーマパークとも紹介されています。

d0087062_19292742.jpg


 大きな格納庫には、歴代の戦闘機、練習機、救難ヘリコプターが展示されていて、その種類の多さに圧倒されました。
 ここではパイロットスーツを体験試着して航空機に着座することもできるそうです。
 全天周シアターでは、コックピットからの迫力ある映像を楽しむことができました。

 私にとっては非日常の世界に思えるエアーパークでしたが、非常時に過酷な条件の下で活躍される自衛隊の人たちについて知ることの必要性を感じました。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-03-24 19:30 | 静岡2016 | Comments(2)

出世城

 浜松城は、1570年に徳川家康が武田信玄の侵攻に備えて築城しました。
 姉川、長篠、小牧・長久手の戦いに家康はこの城から出陣しています。
 家康が駿府城に移ったあと、浜松城には徳川と縁の深い譜代大名が守り、歴代城主の中には幕府の要職に登用される者が多かったことから「出世城」と呼ばれたそうです。
 明治維新後、廃城令により城郭は破壊されましたが、昭和33年に野面積みの旧天守台の上に新天守閣を再建され現在に至っています。
参照 浜松城HP


d0087062_17583430.jpg


 今、「出世城」として観光地となっています。
 お天気が良ければ天守閣から富士山の頭が見られるようですが、生憎の天気で叶いませんでした。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-03-23 17:59 | 静岡2016 | Comments(0)

静岡への旅 

 NHK大河ドラマ「真田丸」の徳川家康が好きです。

d0087062_19223293.jpg


d0087062_19375356.jpg


 家康くんに迎えられて静岡の旅が始まりました。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-03-22 19:23 | 静岡2016 | Comments(0)

桜チョコ

d0087062_1983538.jpg


^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-03-18 19:09 | 季節の中で | Comments(0)

香木

 3月はお別れの季節です。

d0087062_20491229.jpg


 大阪を去っていく方から香木をいただきました。
 お洒落♪
 どうぞお元気で。
^O^/

遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2016-03-15 20:49 | わたし | Comments(2)


今日はどんな風が吹くのだろう。 日々の思いを書き留める雑文帳。


by 風懐

画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

本の話
家族
家庭科(含子育て)
社会科
理科
国語
芸術
課外活動
思い出話
季節の中で
わたし
和菓子職人への道
明日を信じて
毛利氏への旅
ロシアの旅
熊本2011秋
流氷を見に
東京2015
鎌倉2015
北海道2015
静岡2016
広島2016
函館・青森2016
十津川・熊野2017
東京2017
北京2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログジャンル

つぶやき
近畿

画像一覧

最新のコメント

✩さくらさん ホント、..
by H_with_the_wind at 16:26
木陰のベンチやラグで読書..
by さくら at 01:03
✩チェイルさん ありが..
by H_with_the_wind at 19:06