<   2017年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

十津川村

 日本で1番大きな村であり、奈良県最南端の村十津川の温泉で1泊しました。

d0087062_21435635.jpg


 40年以上も前に「新日本紀行」で十津川村の名前を知りました。
 明治時代、十津川大水害で村落の大部分が壊滅し、残った村人の多くが北海道へ移住・開拓したという内容でした。彼らが開拓した土地は、「新十津川村」と名付けられました。現在、新十津川町となったこの町では、奈良県の十津川村と同じ町(村)章が用いられているそうで、縁を大切にする日本人らしいと思います。
 山深い先祖伝来の土地から北海道の開拓のために村ごと移住したということが当時の私には想像もつかなかったためか、この時の「新日本紀行」はずっと記憶に残っています。

 そんな十津川村は、2011年の台風に伴う集中豪雨で、再び広範囲で土砂崩れと河川の氾濫に見舞われました。ここへ至る山肌にその時の傷跡が多く見られました。

 温泉の湯に浸かりながら、40年前に見たテレビの番組に思いを馳せました。
^O^/ 
       
遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2017-05-09 23:59 | 十津川・熊野2017 | Comments(0)

日本一長い路線バス

 ゴールデンウイークに1泊2日で十津川村から熊野本宮神社まで出かけました。

 大阪から奈良県の五條市へ出た後、国道168号線を南下して十津川村を目指しました。
 山岳地帯に入ると168号線はくねくねと続き、対向車とのすれ違いに神経を使います。

d0087062_21375858.jpg



 いつの間にか、バスの後ろを走ることになりました。

d0087062_21383767.jpg


 バスの後ろに描かれた地図に、以前テレビで奈良交通「日本一長い路線バス」について見たことを思い出しました。
 高速道路を使わない路線としては、日本で一番長い距離を走るバス(全長166.9km、停留書の数167)で、確か途中休憩が2回あると紹介されていました。
 奈良県の近鉄八木駅を出発して、日本一大きな村十津川村を縦断して、紀伊山地の霊場と参詣道を走るバスは、和歌山県の新宮までを6時間半かけて走ります。鉄道もない八木駅から新宮までの紀伊山地を縦断して5,250円は、私には廉価に思えますが、いかがでしょうか。

 私たちの旅程は↓です(笑)。
d0087062_21390781.jpg

^O^/        
遊びに来てくださって、ありがとう


[PR]
by H_with_the_wind | 2017-05-08 23:59 | 十津川・熊野2017 | Comments(0)

ユニバ

 帰省した長女とUSJに行ってきました。
 2年前の冬、娘たちと3人で行って以来です。その後、バックトゥザフューチャーが閉館してミニオンパークになったとか…。
 雰囲気が変わったかもしれへんね、と長女と話しながら行きましたが、全く変わらずいつもの「ユニバ」でした。

 別にどこかに入ろう、なんてことはなくブラブラと園内を歩いているだけで楽しめます。
 と、そんなことをしているから、まさかの場面に遭遇しました。

d0087062_11294665.jpg



 ミニオンの後からついて行くわけにもいかず、かといって追い越すわけにもいかず…(笑)。
^O^/        
遊びに来てくださって、ありがとう


[PR]
by H_with_the_wind | 2017-05-02 23:59 | 課外活動 | Comments(0)

初めての帰省

 北海道の大学に進学した私は、最初の1年を大学の女子寮で過ごしました。
 寮といっても20人足らずの小規模なもので、全員が1年生でした。

 入学式に続くオリエンテーションを終え、必修科目の授業が始まり、履修届を出すか出さないかのうちにゴールデンウイークが目の前に迫っていました。

 新しくできた寮の友達は、皆、ゴールデンウイークには帰省すると言います。
 誰も残らないといいます。
 「へっ!?」
 初めての帰省は夏休み。そう思っていた私は驚きました。
 「もう帰るの!?」

 いくら小規模な寮といっても、ひとりで一週間暮らすのは嫌です。
 休みの日には寮の食事は出ない契約なので、自炊設備のない部屋では暮らせそうにもありません。

 というわけで、高校時代の友人に華々しく見送ってもらったのに、一ヶ月もたたないうちに里帰りすることにしました。
 両親は喜ぶというよりも、うまくいかなかったのではないか、と私の顔を見るまで大層心配したようです。

 私、18歳でした。
 初めてのひとり暮らし。
 外食で済ませるとか、いっそ道内を旅行するとか、そんなこと思いつきもしなかったあの日が懐かしく思い出されます。
^O^/
遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
by H_with_the_wind | 2017-05-01 23:59 | 思い出話 | Comments(0)