聖地・大斎原

 神が舞い降りたという聖地・大斎原は、熊野古道の終着点であり、よみがえりの出発点としてユネスコが世界文化遺産として認定し登録されました。

 熊野本宮大社は、熊野川・音無川・磐田川の合流点にある中洲にありました。
 明治22年の大水害によって本宮大社の社殿の多くが流されたため、現在の場所に遷宮されました。

 大鳥居が大斎原の場所を教えてくれます。

d0087062_21551489.jpg


^O^/
遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
# by H_with_the_wind | 2017-05-12 23:59 | 十津川・熊野2017 | Comments(0)

熊野本宮大社

 「本宮へようこそお帰りなさい」の言葉で迎えられました。
 熊野本宮大社は、熊野古道の終着地です。ユネスコ世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されてから、スピリチュアルを意識する人の間で熊野古道を歩くことがひとつのブームです。
 熊野古道を歩いてきたという女性は、とても晴れやかなお顔をしていました。

d0087062_21520062.jpg


 晴れ渡った空に山の息遣いが聞こえてくるような新緑の季節。再生を実感する季節。
 熊野古道を自らの足で歩いてきたわけではないけれど、確かに私も晴れやかな高揚感に包まれていました。
^O^/
遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
# by H_with_the_wind | 2017-05-11 23:59 | 十津川・熊野2017 | Comments(0)

玉置神社

 崇神天皇によって熊野大社と共に創建されたという玉置神社は、十津川村の大峰山系の霊山玉置山にあり、ユネスコ世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産で、大峯奥駈道の一部でもあります。

 本当にここを車で登って行けるの!?
 国道168号線よりももっと厳しい道です。

d0087062_21464090.jpg



 草創は、神武天皇が東征の折、熊野の浜辺に上陸され、八咫烏の案内を得て大和の地をめざし、その道すがら玉置山に至り身の安全を祈願され「十種の神宝」を奉じたと伝わる。「玉置山縁起」より



d0087062_21475547.jpg


 神社の駐車場からわずかばかりの距離、山道を歩きます。
 参道は、紙垂によって結界が張られ、その向こう側には、豊かな木々が連なっています。
 玉置神社境内は長い間聖域として伐採が禁じられていたため、樹齢3000年といわれる神代杉をはじめとした巨樹林が成立しています。
 朽ちるままの下草に、むしろ聖域の厳粛さを感じました。
^O^/        
遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
# by H_with_the_wind | 2017-05-10 23:59 | 十津川・熊野2017 | Comments(0)