「ほっ」と。キャンペーン

さざんか 

 ♪ さざんか さざんか 咲いた道
   たき火だ たき火だ 落葉焚き


 冬になるとふと口をつく懐かしい童謡「たき火」。
 母と歌った幼い日が思い出されます。

 近頃では、山茶花の生け垣も見なくなりました。
 増して落ち葉を集めて焚いたりしたらすぐにクレームがきそうです。

d0087062_18574765.jpg


^O^/
遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
# by H_with_the_wind | 2017-02-07 22:06 | 季節の中で | Comments(0)

あずきばっとう 

 岩手県に「あずきばっとう」という郷土料理があるそうです。
 「はっとう」は短くて巾の広いうどんのことで、「あずきばっとう」は甘さ控えめのあずき汁に「はっとう」が入っているそうです。
 お祝いの時に食べるごちそうで、時には集まった人たちに振舞われるといいます。


 以前、パキスタンから来たムスリムの留学生に食事について尋ねたことがあります。
 ハラール認証のレストランが目につくようになったとはいえ、日本で生活することは容易ではないのではないかと思ったからです。
 先に来日した先輩から情報をもらいながら自炊をしているとのことで、不自由をしながらも生活を楽しんでいるとのことでした。
 それを聞いて、私もアメリカで暮らした日々を思い出しました。

 しばらくして、彼女が私にランチを持ってきてくれました。
 タッパの中には、タイ米のご飯にあずきが入っています。
 お米に色はついていませんが、お赤飯?
 食べてみると、あずきのほんのりした甘味とパラパラのタイ米の取り合わせは、お赤飯とも違います。ちょっと不思議な感覚でした。

 「あずきばっとう」の話を聞いて、留学生が分けてくれたランチを思い出しました。
 なんという名前だったのか、ちゃんと教えてもらわなかったことが、悔やまれます。
^O^/
遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
# by H_with_the_wind | 2017-02-06 22:13 | 家庭科(含子育て) | Comments(0)

節分

 今朝のテレビで、ここ数年、「恵方巻きを食べた」人が「豆まきをした」人の数を上回った、という話をしていました。


 我が家でも、子供が小さい頃は豆まきをしましたが、思春期の頃には娘たちも忙しくなって、いつの間にかやらなくなっていました。
 それでも恵方巻きは、毎年欠かしません。
 娘たちが家を巣立っても、夫婦で恵方巻きをいただいています。
 昨年は、娘たちもそれぞれの地で恵方巻きを食べたと言っていました。
 さて、今年はどうしているのかな!?
^O^/
遊びに来てくださって、ありがとう

[PR]
# by H_with_the_wind | 2017-02-03 21:29 | 季節の中で | Comments(0)